HOME » 建築系専門学校の豆知識 » 社会人は夜間を上手く利用しよう

社会人は夜間を上手く利用しよう

2級建築士を目指すなら、勉強と仕事を両立させて資格取得を目指せる夜間の専門学校もあります。社会人の方や働きながら勉強したい人にもぴったりです。

夜間の専門学校で働きながら資格取得を目指そう

建築士の国家資格を取得するための知識や技術は、専門学校の夜間クラスなどでも学ぶことができます。

社会人が仕事を続けながら受験を目指すことは、一見非常に難しいように思われますが、専門学校の中には夜間クラスを開講しているところもあり、社会人でも働きながら試験に挑めます。

建築士の受験資格がもらえる夜間学校はどういったところか

夜間学校に通う人というのは、資格の取得を目的に通う人がほとんどです。

従来の学校との違いは様々ありますが、中でも特徴的なのは夜中に授業が行なわれるということと、昼間の学校に比べると生徒の年齢層も幅広くいます。

ですが、それ以外はほぼ従来の学校とかわりありません。卒業すれば資格を通常の学校と同じく資格を取得でき、夜間だからといって何らかの制限が加わることもありません。そのため、社会人の人でも働きながら資格に取得を行なうことができます。

取得できる資格は学校によって異なります。

また、夜間学校では二級建築士の資格を取得することができます。

二級建築士の資格を得たあと、4年の実務を経験すれば一級建築士の資格を受験する資格を得ることができるため、夜間でも一級建築士を目指すことが可能です。

他にも、在学中にインテリアプランナーやコーディネーターなど、建築関係の職業に関する資格も勉強しながら取得することができます。

未経験者は二級建築士の資格取得を目標に

学歴も実務経験もない場合は、まず二級建築士の資格取得を目指しましょう。

専門学校で建築を学ぶと、卒業と同時に二級建築士の受験資格を得ることができます。この場合は実務経験も必要ありませんので、必要な科目をしっかり履修するだけですぐに受験できるという利点があるわけです。

夜間でも全日制と同様の受験資格が得られるため、社会人でも二級建築士の資格を目指せます。

実務経験が必要な一級建築士の受験を視野に入れた夜間学校も

一級建築士を目指す場合は、学歴に加えて3年から4年程度の実務経験が必要です。実務経験の年数は学歴によって異なるほか、同じ専門学校でも在籍する学科によって違いがあります。

最短で受験を目指したいのであれば、専門学校で得られる学歴と必要な実務経験年数とをきちんと比較したうえで、学習計画を立てましょう。

一級の勉強はさらにハイレベルな内容になりますが、そのための授業を夜間クラスで教えてくれる学校もあります。

また、卒業後は実務経験を積む必要がありますので、就職や転職のサポートもしてくれる夜間クラスを選ぶと良いでしょう。

受験資格がもらえる夜間の授業内容

夜間学校の授業内容の一例を紹介しましょう

基礎カリキュラム

基本的には従来の学校の授業と内容はほぼ同じです。高校までの復習も兼ねた基礎カリキュラムから始まり、建築物の構造研究や現役の建築士による講義など、基本的なカリキュラムに違いはありません。

違いがあるとすれば、夜間学校のため夜中に行なわれるということくらいです。

仕事のフォロー

人によっては夜遅くまで働いていることもあるため、学校によってはそういう忙しい人達のフォローをしてくれるケースもあります。

そのため、夜間学校に通う前にそういったフォローをしてくれるかどうかの確認はしておいた方が良いです。

二級建築士試験対策講座

基本的に、1年目で建築の基礎知識を学び、二年目は実践や応用を学ぶことになります。

それに併行し、卒業後に受験資格を得られる二級建築士試験に一発合格できるように対策講座を行なっている夜間学校は多いです。

このカリキュラムは資格を得られるための試験対策だけではなく、基礎授業の復習にもなります。

アルバイトは実務経験として加算されないのでご注意を

夜間クラスの受講生の中には、昼間建築関係のアルバイトをして実務経験に加算しようと考えることがありますが、これは受験資格を得るための実務経験には加算されません。

科目指定を受けた学校を卒業した後に行ったものが、実務経験として見なされます。