建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士になるには?夢を叶える基礎知識 » 高卒でも建築士になれる?

高卒でも建築士になれる?

高卒で建築士になることはできるのでしょうか。

結論から言うと、高卒からでも建築士になることは可能です。しかし、高卒の場合は土木科・建築学科を卒業しているのか、普通高校を卒業しているのかという違いにより、受験資格を得るための条件が異なってきます。四大の建築学科卒と比べても、実務経験を積む期間に差があることも覚えておかなければいけません。

本記事では、高卒の場合でどうすれば建築士の資格を取得することができるかを説明していきます。

高卒から建築士になれるのか

高卒でも建築士を目指すことは可能です。

まずは通っていたのが土木・建築科の場合や普通科の場合であっても、資格取得の条件を満たすために実務経験を積まなければなりません。

「実務経験」とは、設計事務所、建設会社、工務店等において建築物の設計・工事監理・施工管理業務を行ったり、大学や研究所などの施設で建築に関する研究・教育を行ったりすることです。建築関係以外の企業等へ就職している場合は、上記企業へ転職、もしくは大学や研究機関などに入り直す必要があります。土木科・建築科の場合と普通科の場合との違いについても、確認しておきましょう。

土木・建築学科高校卒の場合

高校の建築科・土木科卒の場合は、卒業後に建築関係の仕事に就職して「3年以上」の実務経験を積むことで、「二級建築士」及び「木造建築士」の受験資格が得られます。

建築に関する基礎的な知識や実技について勉強をしている為、普通科を卒業した場合よりも実務経験を積むのは少なくて済むのが特徴です。

普通科卒の場合

高校で土木科や建築科ではなく普通科等を卒業していた場合、もしくは中卒の場合、実務経験を「7年以上」積むことで「二級建築士」及び「木造建築士」の受験資格が得られます。土木・建築科を卒業している場合と比較して、資格を得るためのハードルが上がってしまうのが注意点です。

資格取得の試験では、出題内容に物理や化学の知識が必要となります。高校で「文系」を選択していた場合、新たに物理や化学を習得しなくてはいけません。

建物の安全性を確保するためには強度計算が必要であり、構造力学のような物理知識も不可欠です。建築素材をよく知るためには、化学の知識も必要となります。

建築士資格取得のために、予備校に通うことも一つの方法です。

高卒と大卒の違い

高卒の場合は、土木・建築科卒の場合は3年以上の実務経験を積むこと、普通科卒の場合は7年以上の実務経験を積むことで「二級建築士」「木造建築士」の受験資格が得られます。

では、四年制大学の土木学科もしくは建築学科卒の場合はどうなるでしょうか。

四大の土木学科の場合は、卒業後1年以上の実務経験を積むこと、建築学科の場合は卒業時点で二級建築士の受験資格を得られます。一級建築士の受験資格については、そこから更に2年以上の実務経験を積むことで受験が可能です。

高卒と大卒の場合で「二級建築士」になるまでの道のりと、「一級建築士」になるまでの道のりはどのようになるのか。一度整理してみましょう。

二級建築士になるまでの道のり

高卒の場合

土木科・建築科卒の場合:3年以上の実務経験で二級建築士の受験資格取得

普通科卒の場合:7年以上の実務経験で二級建築士の受験資格取得

大卒の場合

土木科卒の場合:1年以上の実務経験で二級建築士の受験資格取得

建築学科卒の場合:二級建築士の受験資格取得

一級建築士になるまでの道のり

高卒の場合

上記を満たした後、一級建築士の受験資格取得

上記を満たした後、 一級建築士の受験資格取得

大卒の場合

上記を満たした後、一級建築士の受験資格取得

上記を満たした後、一級建築士の受験資格取得

一級建築士の受験資格取得まで、普通科の高校卒業の場合は実務経験が11年必要ですが、大学の建築学科卒の場合2年の実務経験で受験資格を得られます。

その為、eラーニングにてWeb上でできる通信制大学に通うことで大卒の資格を取得し、実務期間を短縮することも一つの方法です。学費を負担しなければならないという点で経済的に苦しい部分はありますが、建築士試験の勉強と大卒資格の取得を同時に進められ、実務経験期間を大幅に短縮できる通信制大学へ通うことは大きなメリットと言えます。

まとめ

本記事では、高卒から建築士になる方法について紹介してきました。

高校普通科卒の場合、一級建築士の受験資格を取得するまでに11年の実務経験が必要であり、時間はかかりますが、建築士になることは可能です。

しかし、建築士試験を受験して合格するには、物理、化学の知識も必要となります。建築士の勉強ができる上に、大卒資格も取得できる通信制大学へ通うことも一つの方法となるでしょう。実務経験の期間短縮だけでなく、専門的に建築を勉強できる為、大きなメリットが得られます。是非、参考にしてみてください。

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

*調査日時:2017年12月

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング