建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 評判で選んだ専門学校カタログ(建築編) » 日本工学院テクノロジーカレッジ

日本工学院テクノロジーカレッジ

就職率が高く大手とのコネクションがある、日本工学院テクノロジーカレッジの建築コースを調査。学費やコース概要、学生からの評判などを集めました。

日本工学院テクノロジーカレッジの特徴をチェック!

日本工学院テクノロジーカレッジの特徴は以下の5つです。

日本工学院サイトキャプチャ
引用元:日本工学院公式サイト(http://www.neec.ac.jp/)

東京工学院専門学校のオープンキャンパスをチェック!

開催日程・時間

2022年度

開催時間

八王子校・蒲田校開催

要事前申込

無料送迎バス運行(要申込)

日本工学院テクノロジーカレッジの入試・出願情報(スケジュール、入試方法、推薦情報)

※以下は高校生の方についてのみの情報です。社会人の方は別途ご確認ください。

入学願書入手方法

インターネット上で入手できる電子パンフレット、フリーダイヤルでの問い合わせなどで入学願書を入手することができます。 募集要項は学校案内を請求すると同封されてきますが、電子パンフレット上でも出願に必要な書類が紹介されています。

願書提出方法

持参郵送、もしくはオンライン。※持参の場合は受付時間(10:00~16:00 ※祝日を除く)、郵送の場合は消印有効日を要確認。

募集定員

募集期間

建築学科(修業年数4年):2021年10月1日(金)~2022年2月3日(木)

建築設計科(修業年数2年):2021年10月1日(金)~2022年1月31日(月)

選考方法

一般、推薦ともに書類審査と面接。

入学検定料

推薦についての詳細説明

併願情報

ホームページに併願情報はありません。

AO入試について

エントリーシートの受付期間は、2021年10月1日(金)~2022年2月28日(月)

エントリーシートと面談の結果を総合的に判断し、出願資格認定を行います。

まとめ

募集期間が比較的長めに設定されているところが嬉しいですね。

建築関連コースの概要と学費

日本工学院テクノロジーカレッジでおすすめのコースは以下をご覧ください。

コース名 特徴 学費
建築学科
4年制
卒業後2年で一級建築士を目指すコース
卒業後も一級建築士取得までフォローあり
放送大学との併修で学士と高度専門士のダブル取得が可能
有名建築士の講義あり
4年間合計
4,429,200円
建築設計科
2年制
卒業時に二級建築士の受験資格を取得
卒業後も含めて二級建築士合格保証あり
4年制建築学科の3年次に編入できる
有名建築士の講義あり
2年間合計
2,305,690円

同校独自の奨学金制度では、祖父母や両親、兄弟姉妹がグループ校のOBもしくは在校生の場合、入学金免除制度が適用されます。

建築学科と建築設計科の魅力、カリキュラム

日本工学院では、建築学科、建築設計科それぞれが「教育設計図」を導入しており、学生一人ひとりの習得レベルに合わせたスキルアップができるよう、個々に合わせた指導を行なっています。
卒業までに習得しておくべき知識や技術を策定し、それぞれの習得目標を設定して、それを基に基礎からしっかり指導します。
就職後に必要なスキルをしっかり身につけられるので、卒業時に必要なスキルが身につかなかった、という心配がない点は、それぞれの学科に共通した大きな魅力だといえます。

建築学科

建築学科の魅力
4年間のカリキュラム
1年次 建築の一般構造を始め、基礎知識をしっかり学ぶ。
選択科目が用意されており、内容によって放送大学の授業を受けることが可能。
2年次 さまざまな実習を行ない、建築設計からインテリア設計、建築構造、設備、建築施工について学習する。
3年次 2年次で選択したコースに対する専門知識をさらに深めていく。
一級建築士取得を目指した対策授業を実施。
4年次 1年次から学んだないようを総合的に学習するほか、インターンシップや海外へのデザイン研修に参加するなど、体験型カリキュラムも多く実施される。
主な授業内容

建築設計科

建築設計科の魅力
2年間のカリキュラム
1年次 建築の一般構造からはじまり、建築に対する基礎を学ぶ。
選択科目では建築デザインや設計、構造、設備、施工など建築関連の専門的なスキルを習得できるよう集中して学習していく。
2年次 1年次で学んだ専門スキルをより深く習得していくことと並行して、二級建築士の資格取得を目指した授業を行なう。
演習問題が中心、対策講座も実施
主な授業内容

就職実績

同校ではキャリアカウンセラーの資格所有者が常駐、クラス担任と連携して就職をサポートしてくれます。そのため就職率もほぼ100%

建築系学科の主な就職先は清水建設、JR東日本、京王電鉄、東急建設などの大手企業公務員インテリアデザイナーなど多種多様です。

具体的な就職先

建設、建築系

大林組/清水建設/住友不動産/大東建託/大和ハウス工業/ヤマダ・エスバイエルホーム/積水ハウス/三栄建築設計/久米設計/久慈設計/アイダ設計/ライフ設計事務所/アルモ設計/大林デザインパートナーズ/ピーディーシステム/TAKシステムズ/レオパレス21/タマホーム/アイディーホーム/アキュラホーム/トランスコスモス/ビム・アーキテクツ/西建設計/匠設計コンサルタント/飛島建設/熊谷組/東急建設/大和小田急建/大豊建設/青木あすなろ建設/前田建設工業/サンユー建設/丹青TDC/アーネストワン/長谷工リフォーム/木下工務店/田中建設

鉄道系

JR西日本/JR東日本

技術系公務員

防衛省/東京都庁/神奈川県庁/八王子市役所/甲府市役所/文京区役所/大田区役所/大月市役所/寄居町役場

就職先業種比率

日本工学院テクノロジーカレッジは「建築学科4年制」「建築設計科2年制」と建築を専門的に教えているということもあり、就職先としてはやはり建設、建築業界が圧倒的多数を占めています。就職サポート体制としてはキャリアコンサルタントの資格を持つ専門の職員が在籍しているため極めて実践的な就活を行うことができるほか、クラス担任制を採っているため一人ひとりの学生に対してその他の細やかなサポートをすることも可能となっています。

学生からの口コミ評判

資格取得支援サポート

資格対策授業&放課後ゼミ

資格取得に向けたカリキュラムが組まれているため、普段の授業が資格取得に役立ちます。放課後に資格対策ゼミを行なったり、学科独自の対策講座を開講したりと資格を確実にとれるような取り組みがされています。

校外講習会

クレーンやフォークリフトといった車両系建設機械の運転や玉かけ業務技能など、建設業界で必要な資格の学外講習会を開催。希望者全員で講習を受けることが可能です。

資格支援センター

学内の資格支援センターでは資格の案内や受験の手続き、出願、対策講習会の開催など学生の資格取得をサポート。学科で必要な資格以外にもさまざまな資格をとれます。

取得可能な資格

在学中に取得可能な資格

卒業後に取得可能な資格

就職サポート

独自の就活サポートプログラム

卒業後に希望する就職先へ行くため、年間スケジュールの中で効率的に就職指導を実施しています。プロのキャリアコンサルタントによるカウンセリングや就職対策講座、各種セミナーなど数多くのキャリアサポートプログラムのほか、独自の求人情報検索システムを駆使して就職活動を手助けしてくれます。

校友会ネットワーク

日本工学院ではUターン就職希望者のための校友会ネットワークを用意。専任スタッフが国内40ヵ所・海外2ヵ所の支部を持つ卒業生ネットワーク「校友会」を使い、就職先を紹介しています。

学校概要

管理人からのヒトコト!

日本工学院では高度専門士認定が受けられる建築系コースがあり、大卒と同じ認定をもらえます。放送大学との併修を行なうと高度専門士に加えて学士認定も取得できるため、大学院への進学を考えている方におすすめ。また、建築士の資格取得に力を入れており、建築士の中で最上級といわれる「一級建築士」の資格も卒業後に取ることができます。

就職サポートも万全で、就職率は100%。プロのコンサルタントが常駐するキャリアサポートセンターとクラス担任が協力し合い、就職活動をバックアップしてくれます。建築業界をはじめとした各業界から毎年多くの求人が来るため、早い時期から就職活動を進めれば自分の思い通りの進路を手に入れることが可能です。

他の建築系専門学校を見る>>

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

*調査日時:2017年12月

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング