建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士になるには?夢を叶える基礎知識 » 建築士・建築家・設計士の違い

建築士・建築家・設計士の違い

このページでは、国家資格である建築士と混同されやすい建築家や設計士といった職種について、それぞれの違いや資格の有無、果たすべき役割などをまとめて解説しています。

建築士・建築家・設計士とは?

建築士は公的に認められた建築の専門家

建築士は、一級建築士や二級建築士、木造建築士などの国家資格を取得している人だけが名乗れる職業であり、公的に認められた建築分野の専門家といえるでしょう。

資格によって携われる建築物件の規模や条件が異なっていますが、一級建築士ともなれば個人の住宅から大規模な公共施設まで幅広い建築に携わることが可能です。

また、資格取得には実務経験が必要とされることもあり、一級建築士の資格を持っていればそれだけで客観的に実力や実績をある程度まで評価できると考えられます。

建築家と設計士は資格がなくても名乗れる

一般的なイメージとして、建築家は建物の設計やデザインを行ったり、建築工事の総責任者として活躍したりと、建築士と同様に考えられているかも知れません。しかし、建築家はあくまでも社会的な通称であり、具体的に国家資格で能力や経験を認められている職業ではありません。

基本的に、有名企業や大手設計事務所などが建築家として紹介してくれる人の多くは、建築士の資格を取得している人が多いと考えられます。ですが、建築家は必ずしも国家資格を必要としないため、時には建築士の資格を持っていない建築家も存在するでしょう。

そして設計士もまた、建築家と同様に特定の資格を必要としない職業です。

原則として大規模工事の建築設計を行う場合、設計業務は有資格者である建築士が担当しなければなりません。ただし、資格を必要としない建築物もあります。

例えば100m2未満の木造建築物であれば設計に資格を必要としないため、国家資格を持たない建築家や設計士でも設計を行うことが可能です。

また、企業によっては建築士の設計業務をサポートする人材を設計士、建築士とタッグを組んで建築物のデザインや芸術性、機能性などを考える人材を建築家として分けていることもあります。建築物の使いやすさや利便性を考えるコンサルティング業務も、建築家や設計士として担当することもあるでしょう。

建築士・建築家・設計士の資格の違い

建築士としての国家資格

建築士には、資格取得の難易度や有資格者が担当できる業務ごとに一級建築士・二級建築士・木造建築士という分類があり、それぞれは国家資格として認められています。

特に、あらゆる建築物の設計などに携われる一級建築士は難関資格であり、試験が難しいだけでなく一定期間の実務経験といった受験資格が定められている点も特徴です。

資格試験では建築の専門知識や技術だけでなく、建築デザインなどに関する知見も求められるため、建築士資格を持っているということで客観的に実力を示すことができます。

建築家と設計士の国家資格はない

建築家や設計士として働く上で、必ずしも資格は必要ありません。しかし、建築士の資格取得者があえて建築家や設計士として名乗ることは可能です。

とはいえ、「建築家」や「設計士」といった肩書きだけで専門家としての実力を判断することはできないため、依頼の際は必ず来歴や実績などを確認することが欠かせません。

民間資格として考える専門家

建築業界には、例えば社団法人日本建築家協会のような団体があり、それぞれの団体や民間企業が認定している資格、役職が存在します。また、民間資格の中には建築士資格を有していることが条件になるなど、高いレベルの専門家として認められなければ認定されないものもあります。

ただし、民間資格はあくまでも国家資格でないため、認定基準や対象条件などは資格ごとに違いがあることも理解しておきましょう。

建築士・建築家・設計士それぞれに求められる役割

建築士は建築業界のスペシャリストとして、設計やデザイン、構造計算などあらゆる業務に携われます。また、芸術家としてデザイン住宅や注文住宅を施主へ提案することもあるでしょう。

一方、建築家と設計士は、建築士と協力してデザイン面や機能面の相談に乗ったり、設計作業や計算作業のサポートを行ったりすることが中心です。物件の規模によっては、設計作業を担当することもあります。

建築士を目指す人の中には、建築家や設計士として現場作業へ関わりながら学んでいる人もおり、キャリアアップのチャンスとして位置づけることもできるでしょう。

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

*調査日時:2017年12月

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング