建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 全国のおすすめ建築系専門学校 » 千葉でおすすめの建築系専門学校2選

千葉でおすすめの建築系専門学校2選

千葉でおすすめの建築系専門学校2選

千葉でおすすめの建築系専門学校を2校ピクアップしました。学費だけではなく、就職率や学校の強みについても詳しく解説しています。

千葉日建工科専門学校

建築CAD、デザイン設計、環境創造、建築経営研究の4つの学科を用意している千葉日建工科専門学校。千葉県内では唯一の建築の単科専門学校でもあります。勉学はもちろん、様々なイベントが用意されているのが特徴です。スキーやボーリング、クリスマス、BBQなど娯楽性の高いコミュニケーションの場としてのイベントもあれば、現場見学など実用性の高いイベントも用意されています。

また、次世代を見越しての国際交流に力を入れているのも特徴です。外国人留学生の姿を見かけることも珍しくなく、彼らの真剣な姿勢は在校生に大きな刺激をもたらしてくれると共に、いずれ大きなコネクションとなる可能性を秘めています。それぞれのコースで様々な資格の取得が可能となるので、卒業時にはに即戦力としてのポテンシャルを身に着られるでしょう。

学費110万円/1年間
就職率公式HPに記載なし
学校の強み
  • 卒業と同時に二級建築士受験資格を取得
  • 授業料の免除システムがアルバイト
  • 千葉駅西口から徒歩4分の好アクセス
  • 建築士の合格実績トップレベル
  • 就職率の高さ
  • 留学生受け入れによる国際交流

国際理工情報デザイン専門学校

様々なコースが用意されている国際理工情報デザイン専門学校。その中に「建築設計家」が用意されています。建築業界に即戦力を送り込むべく、実践的な学習をしているのが魅力です。2級建築士合格のためのカリキュラムに力を入れており、かつCADの体験演習授業も用意されています。

特にポイントとして、建築物を造るにあたって美観、強度、実用、生産の「4つの要素」を意識した勉学を受けられるのがメリットです。2級建築士資格取得を最優先事項に掲げてはいますが、他にも

など建築に活用できる様々な資格の取得を可能にしています。このような実践的な勉学により、就職率は99%(※)を記録。卒業生の就職先を見てもNTTソフトサービス株式会社、ヤフー株式会社、株式会社大塚家具、株式会社島忠など大手から地元密着型の業者まで様々です。これらの就職実績は「就職に力を入れている」という言葉に偽りがないと分かります。

学費108万円/1年間
就職率99%
学校の強み
  • 地元企業とのパイプが強い
  • 建築に関連する様々な資格の取得が可能
  • 99%と高水準の就職率(※)
  • 卒業後であっても学費免除にて就職指導
  • 再就職の際も卒業生であればサポート

※2019年3月卒業生 就職率99%(全就職者÷全卒業者)

千葉近郊にある建築系専門学校

千葉県だけではなく、通学が可能な千葉近郊にある建設系専門学校をいくつかピックアップしてみましたので、こちらも併せてご覧下さい。

浅野工学専門学校

浅野工学専門学校は千葉県ではなく神奈川県横浜市にある専門学校です。千葉県からも通学圏である点に加え、建築に強いという点でピックアップしました。

千葉からの通学となると品川から京浜急行か、あるいは都内からJRを利用することになるでしょう。少々距離はあるものの、交通インフラは整備されています。何より、建設業界へのコネクションや授業のクオリティの高さが魅力です。卒業生の活躍も目覚ましいものがあります。文字通り「即戦力」となるべき人材の育成に力を入れている浅野工学専門学校。就職にも力を入れているので、即戦力を目指したい方は入学を検討してみるのも良いでしょう。

学費103万7,305円/1年間
就職率100%(※)
学校の強み
  • 2年間の勉強にて二級建築士の国家試験受験資格を取得できる
  • 学費負担軽減制度が用意されている
  • 少人数・担任制が採用されていることにより教員と接する時間が長く密度が濃いため、よりクオリティの高い、自分に合わせた指導が受けられる
  • 在学中に建設関係の各種免許や資格を取得できる

※2019年3月卒業生実績

読売理工医療福祉専門学校

東京都港区にあるので千葉県からでも十分に通学圏です。読売理工医療福祉専門学校の特徴として、名前からも分かるように読売グループが経営する専門学校となっています。社会的信頼感はもちろん、各業界へのコネクションも多々備えているのがメリットです。結果、就職率は100%(※)を記録しています。

また、建設系の中だけでも様々なコースが用意されている点も特徴です。社会人であれば夜間という選択肢もありますし、1年間での二級建築士受験資格を目指すコースも用意されているなど、多様性に富んだカリキュラムが用意されています。読売系列ということもあり、様々なメディアを活用している点もポイントです。ZOOMによる個別オンライン相談やLINEよる進路相談。WEBから24時間可能なオープンキャンパスも用意されています。インターネット環境が整えられている人であれば、勉強面以外においてもスキルを磨ける専門学校であることが分かるでしょう。

学費109万円/1年間
就職率100%(※)
学校の強み
  • 夜間コースが用意されている
  • 現役一級建築士による指導
  • 読売グループによる安心感
  • 職業実践専門課程認定校だからこそのカリキュラム
  • 1年間で二級建築士受験資格を目指すコースあり
  • オープンキャンパスや進路相談においてオンライン環境を整備している

※2018年3月卒業生実績

横浜日建工科専門学校

横浜日建工科専門学校は神奈川県横浜市にキャンパスを構える専門学校です。千葉県から距離があるとはいえ、最寄り駅が横浜駅という神奈川県屈指のターミナル駅なのでアクセスは決して難しくはないことからピックアップいたしました。

2013年から2016年の就職率は100%を記録していると共に、同校OBが多数いるので就職時にはサポート体制も抜群です。建設業界はもちろん、他の業界にも多数のコネクションを持っていることから就職に強い専門学校として知られています。

専門学校では珍しくクラス担任制を採用しており、生徒一人一人に対して担任の講師がしっかりとサポート。「工科専門学校」との名称からも分かるように、工業系・建設系に関して様々なコースが用意されています。ちなみに2級建築士の合格率は全国合格率の倍ある(※1)とのこと。様々な環境で生徒のモチベーションを刺激し、建設業界に「即戦力」として送り出せる環境を用意しています。

学費建築設計科:2,050,000円(2年制)
建築設計研究科:1,100,000円(1年制)
建築士養成科:830,000円(2年制)
建築CADビジネス科:1,360,000円(2年制)
就職率100%
学校の強み
  • 3本立ての就職支援による100%(2013~2016年)の就職率
  • 全国合格率の3倍を誇る2級建築士合格率
  • 様々な学科が用意されている
  • グループ7校、全国110校に及ぶ業界最高峰のグループ力

※2018年、研究生の合格率

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

*調査日時:2017年12月

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング