とことんリサーチ!建築専門学校EXPO開催!

とことんリサーチ!建築専門学校EXPO開催!建築業界での活躍を目指している人のために、評判のよい専門学校を徹底リサーチ!就職率の高さや取得資格、学費免除サポート、学生からの評判といった情報を集めました。

専門学校選びから、憧れの建築士になるまでのすべてをまとめましたので、ぜひ活用してください!

まずはリサーチした建築専門学校のなかで、本当におすすめできるところを比較したBEST5ランキングを発表します。着目したのは就職率(実績)や学校・カリキュラムの特徴、学費サポート、評判などです。それでは、さっそくランキングから見ていきましょう!今回の情報が建築・インテリアのプロになるための、専門学校選びの手助けになれれば嬉しいです。

第1位 浅野工学専門学校

浅野工学専門学校のロゴ画像
生徒さんのインタビューを読んでみる>>

就職率&実績
★★★★★
100%
業界各社とつながりがあり実習先に就職するケース多数
建築専門の学校なので希望する会社に就ける
就職氷河期の時代でも100%を維持していた
就職率100%の秘訣とは?≫
おすすめポイント
★★★★★
教員と学生が接する時間を長くして密度濃くきめ細やかな指導が受けられる
4年制も2年制も専門科目をじっくり学べる
初年度学費が最大342,000円免除される学費軽減支援制度あり
在学中に建設関係の各種免許や資格の取得が可能
建築工学科卒業で高度専門士となり大学院入学も可能
日本のセメント王が創設した建築系専門学校のパイオニア
開校以来90年近い歴史を持つ伝統校
浅野工学専門学校の特徴をくわしく≫
コース概要 建築工学科4年制/地震や環境に関する講義が充実、修了時に高度専門士の称号を得る
建築デザイン科2年制/卒業時に二級建築士の受験資格を取得、耐震性能やユニバーサルデザインなどを含めた建築意匠設計を学ぶ
学生からの評判 「父が建設会社の経営者なので、建築の専門的な勉強をするためこの学校を選びました。思った通り最高の環境で、即戦力となるスキルが身につきますね」
「ここで学んだのは建築という仕事の面白み。職場実習は実践力の習得だけでなく、感動を得ることもできました」
「校長先生に卒業課題の設計を指導してもらって、それが内定の決め手に。また、在学中に車両建設機械をはじめ複数の資格を取得、卒業後に一級建築士も取得できました」
「20歳の時に二級建築士を取得できたのもこの学校を選んだおかげ。大学ではできない最短コースの合格ですよね。座学だけでなく製図や測量など実習が充実していて、とても楽しく勉強できました」

第2位 読売理工医療福祉専門学校

読売理工医療福祉専門学校のロゴ画像

就職率&実績
★★★★☆
97%
2010年度の工業系学科全体の就職率で、建築学科の求人数は314件
就職率97%の秘訣とは?
おすすめポイント
★★★★☆
2年で二級建築士の受験資格を取得
二級建築士受験資格者向けの1年制コースもあり
先生は全員現役プロの一級建築士
実践・実務を重視した授業で資格取得と就職に強い
介護福祉学科との連携で福祉住環境コーディネーターも目指せる
読売理工医療福祉専門学校の特徴をくわしく≫
コース概要 建築学科2年制/少人数制の指導で、2年次からは設計・インテリア・施工の3コース別授業もあり
学生からの評判 「入学の決め手は少人数制。建築家である先生方から個別指導を受けられますし、授業はとても面白いです」
「先生方の対応が親切だったのが入学の決め手。仕事をしながらの通学ですが、建築の面白さを実感しています」

第3位 青山製図専門学校

青山製図専門学校のロゴ画像

就職率&実績
★★★★☆
96.8%
2013年3月の卒業生実績で、業種別では建築会社が31.9%でトップ
就職率96.8%の秘訣とは?
おすすめポイント
★★★☆☆
1977年開校で建築系専門学校の老舗的存在
すべての学科が一・二級建築士の受験資格認定で専門士になれる
建築設計研究科は在学中に二級建築士取得を目指せる
3年間じっくり建築の勉強に専念できる学科あり
青山製図専門学校の特徴をくわしく≫
コース概要 建築学部建築工学科3年制/建物、都市計画、ランドスケープを学ぶコース
建築学部建築設計デザイン科3年制/2年次からの選択で、建築デザインコースか環境デザインコースを選択
学生からの評判 「大学より専門性が高く、3年間勉強できるのが選んだ理由。一本の線が持つ重要性を教わったことが印象に残っています」
「二級建築士の合格率の高さでこの学校を選びました。在学中に学んだことが仕事でも生きています」
「体験入学で手描きとパソコン両方の実習をさせてもらったことが決め手でした。私は将来、リフォームの仕事をしたいので、2年次に環境デザインコースを選択しました」
「大学よりも集中できて2年制よりたっぷり勉強できるのが、ここを選んだ理由です。都市計画も含めて広範な分野の知識が身につくのがいいですね」

第4位 東京テクニカルカレッジ

東京テクニカルカレッジのロゴ画像

就職率&実績
★★★★☆
96.2%
入学時からの就職サポートで早期の内定獲得も可能
就職率96.2%の秘訣とは?
おすすめポイント
★★★☆☆
建築関連学科は4年制・2年制・夜間2年制をラインナップ
最新のデジタルシミュレーション技術を学べる
企業実習や企業研修が充実
小山学園後援会高度教育スカラシップでは4年間総額で176万円授業料が免除
東京テクニカルカレッジの特徴をくわしく≫
コース概要 建築監督科4年制/一級建築士や一級建築施工管理技士を目指すための学科で、業界でのニーズによって開設された日本初の存在
建築科2年制/卒業年に二級建築士合格を目指す学科でビル建設からエコハウスまで最新かつ多様な設計ノウハウを学べる
学生からの評判 「資格対策が充実している学校で、自分も一級建築士や一級建築施工管理技士を取得してプロになりたいです」
「学校では広範な分野の知識を得たことが、大手ゼネコンに就職した今も役立っています」
「建築の仕事に就きたいと思っていたので、大学よりも専門学校がいいと思っていました。先生方は現場のプロですし、体験談を交えた授業はとても役立ちます」
「この学校を選んだのはカリキュラムがしっかりしているから。今は建築施工管理技師の国家試験対策や卒業制作に集中しています」

第5位 東京デザイナー学院

東京デザイナー学院のロゴ画像

就職率&実績
★★★☆☆
76.2%
卒業後も就職サポートがあり、4.4万人以上の卒業生とのコネクションが大きな武器
就職率76.2%の秘訣とは?
おすすめポイント
★★★☆☆
オープンキャンパスで入学前にデザインの楽しさを体験
デザイン力の高い建築士を目指せる
多様なジャンルのデザインを学べる環境がある
AO入学、特待生制度、推薦入学で出願料や入学金が割安になる
東京デザイナー学院の特徴をくわしく≫
コース概要 建築デザイン科建築デザイン専攻2年制/建築士や都市計画プランナーなどを目指せるコースで、工学的知識に加えてデザインの創造力やバランス感覚を養う
建築デザイン科住宅デザイン専攻2年制/住むヒトの気持ちを重視する住宅デザイナーを目指せる
学生からの評判 「住宅計画演習で多くの模型づくりを実践した経験から、設計精度の高さが重要だと理解できました。インテリアに関する授業も仕事に役立っています」
「TDGの体験入学がきっかけで建築分野の多様性を知り、懸命に勉強した結果、一級建築士試験にも合格できました」
「体験入学で感じた雰囲気の良さと有名な先生の存在などが理由で入学しました。将来の独立も視野に入れて、今は二級建築士の資格取得を目指しています」
「自分の家を自分で設計するという夢があって、この学校に入りました。授業では新しい発想や何度もチャレンジすることの重要性を教そわっています」

建築専門学校No.1は浅野工学専門学校に決定!

今回リサーチした専門学校をランキングにした結果、1位に挙げたのは横浜にある浅野工学専門学校でした。その理由を紹介しましょう。

入学すれば100%希望の職に就くことができる

建築専門学校・浅野工学専門学校の特徴ようやく景気が回復してきたといわれる昨今ですが、同校は不況の時期でも就職希望者全員が内定をもらっていました。もちろん就職率は100%。

一般的な総合専門学校や大学では、希望する企業から内定をもらえることは少ないといわれています。そのため、就活生は多くの企業へエントリーして、受かったところに就職するというのがいまの現実。浅野工学専門学校の卒業生は建築業界の会社で活躍している人が多く、同校に入学するだけで強力なネットワークを活用できます。

インターンシップ(現場実習)も充実しています。2年制コースなら2週間、4年制コースなら1ヶ月間、業界の企業で実習することができます。インターンシップの受け入れ先企業に就職するケースも多数あるのだとか。

カウンセリングや自己分析、様々な就職支援サポートを受けられるうえ、90年近くの歴史がある浅野工学専門学校ならではのネットワークで、憧れの建築業界で活躍することが可能なのです。

1クラスの人数を抑えてきめ細やかな指導を実施

浅野工学専門学校では、1クラス40名としています(一般的な専門学校や大学では1学年が60名前後)。そのため、教員が学生1人に指導する時間を長くしています

さらに担任制を採用して学生との距離を近くし、学習と生活両方の面をアドバイスしています。こうしたきめ細やかな指導で卒業までサポートしてくれるので、生徒も安心して資格取得や就職活動に専念できるわけです。(卒業生が近況報告や資格・転職の相談に訪れることもあるそう)

専門科目に注力して建築の勉強ができる

浅野工学専門学校のロゴ画像大学で建築を学ぶ場合、一般教養をはじめ建築以外の単位も相当数取らなければなりません。

その点、建築の専門である同校のカリキュラムは、4年制コースでも教養科目があるのは1年次のみ、2年制コースなら専門科目だけ。建築の勉強に専念できるので、卒業後の一級建築士取得を最短で目指すことも可能となります。

【横道コラム】創設者・浅野總一郎(あさのそういちろう)とは?

浅野工学専門学校の創設者・浅野總一郎浅野工学専門学校は、関東大震災後の都市復興を目的として「コンクリートのスペシャリスト」を養成するために、1929年に開設した専修学校が前身です。明治23年には帝国ホテルの創立にかかわり、大正時代には東京湾の建設計画の立案、沖電気の設立など多くの功績を残しました。このような背景から、浅野工学専門学校はいまでも多くの企業から高い信頼を得ているのです。

最大342,000円の学費軽減制度が活用できる

浅野工学専門学校のサイト画像指定校推薦、学校推薦、自己推薦、AO入試で入学すれば初年度の学費が最大342,000円免除となる学費軽減制度があるのも大きな魅力。建築に限らず、理系の学校は文系よりも学費が高くなる傾向がありますが、この制度を利用すれば保護者にとっても大きな負担軽減になります。

以上のように、建築・インテリアの業界で活躍したいなら浅野工学専門学校は絶対に外せない存在です。就職率100%を続けている理由やカリキュラム内容を確認するなら、公式ホームページを確認くださいね。

http://www.asano.ac.jp/