建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 全国のおすすめ建築系専門学校

全国のおすすめ建築系専門学校

関東には建築系の専門学校が揃っています。たとえば入学すれば100%就職できる専門学校をはじめ、2年で二級建築士の国家試験受験資格を取得できたり、実習に強いところなどさまざまです。

ここでは東京・横浜の2エリアでおすすめの建築系専門学校についてまとめています。ぜひ学校選びの参考にしてください。

エリアで選ぶおすすめの建築系専門学校

東京と横浜には建築業界のスペシャリストを養成するための素晴らしい専門学校が多くあります。それぞれのエリアでおすすめの建築系専門学校を2校ピックアップしました。

東京でおすすめの建築系専門学校2選

読売理工医療福祉専門学校 (東京都港区/田町駅・三田駅)

高い就職率を誇る医療福祉に特化した専門学校ですが、建築学科(夜間コースも有)と建築士専攻科の2コースがあり、現役一級建築士が講師として指導してくれます。

青山製図専門学校(東京都渋谷区/渋谷駅)

同校の就職課が企業へコンタクトしてくれることで知られる長い歴史を持った専門学校です。学科は建築学部、インテリア学部、建築設計研究科の3コースが用意され、各学部内でさらに細分化されたコースを選択できます。

横浜でおすすめの建築系専門学校2選

浅野工学専門学校(神奈川県横浜市/新子安駅)

建築系専門学校のパイオニアであり、就職率100%を維持する建築業界におけるスペシャリストを養成するための専門学校。学科は建築工学科と建築デザイン科の2コースとシンプルなものの、どこまで建築に特化した授業を受けられます。

横浜日建工科専門学校(神奈川県横浜市/横浜駅)

二級建築士の試験最終合格率70%、就職内定率100%、そして約6,000人のOBが全国で活躍するなど建築業界に強い専門学校です。学科は建築設計科と建築CADビジネス科の2コースのみですが、担任制なので確かなサポートが受けられます。

神奈川県でおすすめの建築系専門学校

神奈川県には「浅野工学専門学校」「横浜日建工科専門学校」といった建築系に強い専門学校が2校あります。両校ともに就職率100%、担任制の採用によって手厚いサポートが受けられる魅力を持っています。

浅野工学専門学校は数ある建築系専門学校のなかで一番学費が安いという強み、一方の横浜日建工科専門学校は全国で活躍しているOBからサポートを受けながら学べるという強みがあります。

両校をおすすめできる理由をはじめ、学費、就職率、学校の強みなどを紹介しています。神奈川県で建築系の専門学校選びをされている方はぜひ参考にしてください。

神奈川県でおすすめの建築系専門学校をチェック>>

東京でおすすめの建築系専門学校3選

東京には建築系に強く「建築学科(夜間コースも有)」と「建築士専攻科」の2コースがあり、現役の一級建築士が講師なのできめ細かな学習ができる「読売理工医療福祉専門学校(田町駅・三田駅)」と、就職課が企業へコンタクトしてくれたり、OB懇談会が開催されるため企業情報が収集しやすいという強みがある「青山製図専門学校(渋谷駅)」の2校があります。

また、神奈川県横浜市には関東エリアにおいて建築系ではもっとも有名かつ実績のある専門学校であり、就職率100%を誇る確かな建築士を育成している「浅野工学専門学校(新子安駅)」も。

東京で建築系専門学校を探されている方はぜひ参考にしてください。

東京でおすすめの建築系専門学校3選をチェック>>

埼玉でおすすめの建築系専門学校3選

埼玉県にはCADにおける専門技術はもちろん、建築全般の知識も習得できる「CAD製図専門学校があります。少人数・担任制を採用していることで、習得速度があり効率的な学習が可能になります。

また、神奈川県横浜市になるものの、全国的に知られる建築系専門学校のパイオニア「浅野工学専門学校(新子安駅)」も注目したいところ。全体的に高いクオリティの授業が受けられるだけでなく、就職率100%という確かな実績があります。

さらに東京都港区には現役の一級建築士が講師を務めるため、他校とは違った学習およびスキルの習得が可能な「読売理工医療福祉専門学校 (田町駅・三田駅)」があります。

埼玉県をはじめとする関東圏で専門学校を探されている方はぜひ参考にしてください。

埼玉でおすすめの建築系専門学校3選をチェック>>

専門学校を選ぶ際のポイントを解説

建築系の専門学校を選ぶ際、注意しなければならないのは何を基準するか、どういった環境を求めているか、自分にとって適切な難易度であるかどうかなど、ポイントを明確にして各校を比較する必要があります。

ここでは建築系の専門学校を選ぶ際のポイントをまとめました。

基準

建築系の専門学校を選ぶ基準を明確にすることはとても重要なことです。

たとえば、就職率の高さだったり、在学中に建築士の国家試験受験資格を取得できる、少人数・担任制が採用されているなど、人それぞれ求める基準は異なるはず。つまり、求める基準を明確にすることでより確かな専門学校選びができるようになります。

まずはあなた自身が建築系の専門学校に対してどのようなことを求めているのかを明確する作業からはじめましょう。

環境

専門学校の立地はもちろんのこと、周辺の環境にも注意しなければなりません。

学びやすい環境にある学校を選ぶことがもっとも重要ですが、常に意識を高めて学習するためには生活しやすい環境であることも重要。あなたにとって暮らしやすく学びやすい環境が整っているか、さまざまな情報をもとに照らし合わせてみましょう。

失敗しないためにも実際に現地に赴いて確かめることをおすすめします。

難易度

東京・横浜には建築系に特化した専門学校が揃っており、それぞれ特色を持っています。中には就職率100%、企業へのコネクト有、試験合格率が高いなど魅力的な専門学校があるものの、難易度があまりにも高すぎるところへ入学してしまうと苦しい毎日が続くことになります。

あらためて自分自身の建築における学力と、候補とする専門学校の難易度を照らし合わせてみてください。

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

 

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング