HOME » インテリアコーディネーターになるにはガイド【保存版】

インテリアコーディネーターになるにはガイド【保存版】

インテリアコーディネーターを目指すための情報をまとめました。

女性に人気のインテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターは、受験者数の半分以上を女性が占める資格です。

カーテンから家具照明など、インテリアのチョイスに対してアドバイスを行い、空間のデザインを考案するのがインテリアコーディネーターの仕事です。

建築業界は8割を男性が占めていますが、豊かな感性を生かせる仕事として、女性に人気があります。

主な仕事内容

インテリアコーディネーターとは、その名の通りインテリアのコーディネートをする人たちのことです。依頼人であるお客の要望を聞き、その要望に添ったインテリアの提案をするというのが主な仕事です。

一見、楽なんじゃないかなと思うかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。相手の好みを把握し、どうすれば喜ばれるか、どうすれば要望に添ったインテリアを用意できるかということを考え続けなければならないお仕事であり、覚えることは多岐にわたります。

インテリアの素材や特徴、建物の立地や間取り、それに適したインテリアの配置など、良い評価を得るためにはやらなければならないことが山ほどあり、相手の気持ちも知り、話をきちんと聞く能力も要求されます。

その分、自分のセンスが相手に認められると非常に嬉しくなりますし、経験を積めば積むほど、美的センスもより磨かれていく魅力的なお仕事でもあります。

自分のセンスを生かすことができる

インテリアコーディネーターが女性に人気の理由、それは自分のセンスをフルに生かすことができるからです。

また、流行の知識を生かすことができるのもインテリアコーディネーターの特徴であり、最新情報に敏感な人ほどインテリアコーディネーターとして活躍することができます。

ほかにも、女性目線からのインテリアコーディネートは、男性目線では気がつかない細やかなポイントにもこだわることが多いため、女性が活躍できる職業でもあるというのも人気の理由の1つです。

インテリアコーディネーターになるには

取得するだけなら、試験に合格するだけで手に入るインテリアコーディネーター資格

しかし、実際にインテリア業界で働くためには、専門的な知識も必要になってきます。 そういった意味では是非とも取っておきたい資格と言えます。

デザイン系の専門学校でもインテリアコーディネーターを目指すコースが開設されていますが、当サイトは建築系専門学校への入学をおすすめします。その理由を説明します。

より専門知識に特化した「インテリアプランナー」へのステップアップ

インテリアコーディネーターの資格を得るのに実務経験は必要ありません。 しかし、室内インテリアだけでなく、オフィス公共施設店舗などのインテリアデザインをも受け持つ「インテリアプランナー」という職業があります。 インテリアプランナーにステップアップするには実務経験や設計図の製図試験がありますので、建築系専門学校でこれらを学んでおくことは非常に有利なポイントになりえます。

インテリアプランナーを目指すうえで学ぶべき実習内容

インテリアプランナーとしての資格を身につけるうえで必要な知識を紹介します。

建築CAD

CADとは、パソコンで操作する製図ソフトのことです。CADを用いて設計することでより細かく、綿密なインテリアコーディネートが可能になるほか、情報を視覚化することでお客の理解力を深めることができます。

インテリア設計

実際に学校でインテリア設計について学びます。コンセプトやインテリアのデザイン、そしてそれを的確に伝えられるプレゼンテーション能力を磨くために必要です。

デザイン制作

デザインの制作力もインテリアコーディネーターには欠かせません。製作技術を学ぶことで、空間の間取りや人間の動線などを知ることができ、実用性の高いインテリアコーディネートを行うことができるようになります。

BIM教育

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)とは、CADに近い製図ソフトです。

建物のモデリングのほか、材質、構造、コストなどの管理情報を把握することができます。

このBIMソフトを扱うのは非常に重要な要素であり、こちらも学校で学ぶことができます。

資格試験の内容

インテリアコーディネーターの資格試験の合格率は、約20%となっています。 合格率が低い理由のひとつに、試験の出題範囲が広いことが挙げられます。内装に限らず建築に関することも出題されるので、専門的な知識も必要となってきます。

建築系専門学校とインテリアコーディネーター

これまで説明してきたように、建築系の知識も必須な職種であるインテリアコーディネーター

この職種を目指すうえで、建築系の専門学校には大きなメリットがあります。学校選びに悩んでいる方は、選考基準として参考にしてみてください。