HOME » インテリアコーディネーターになるにはガイド【保存版】

インテリアコーディネーターになるにはガイド【保存版】

インテリアコーディネーターを目指すための情報をまとめました。

女性に人気のインテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターは、受験者数の半分以上を女性が占める資格です。

 

カーテンから家具照明など、インテリアのチョイスに対してアドバイスを行い、空間のデザインを考案するのがインテリアコーディネーターの仕事です。

 

建築業界は8割を男性が占めていますが、豊かな感性を活かせる仕事として、女性に人気があります。

インテリアコーディネーターになるには

取得するだけなら、試験に合格するだけで手に入るインテリアコーディネーター資格

 

しかし、実際にインテリア業界で働くためには専門的な知識も必要になってきます。 そういった意味では是非とも取っておきたい資格と言えます。

 

デザイン系の専門学校でもインテリアコーディネーターを目指すコースが開設されていますが、当サイトは建築系専門学校への入学をおすすめします。その理由を説明します。

 

より専門知識に特化した「インテリアプランナー」への昇華

インテリアコーディネーターの資格を得るのに実務経験は必要ありません。 しかし、室内インテリアだけでなく、オフィス公共施設店舗などのインテリアデザインをも受け持つ「インテリアプランナー」という職業があります。 インテリアプランナーにステップアップするには実務経験や設計図の製図試験がありますので、建築系専門学校でこれらを学んでおくことは非常に有利なポイントになりえます。

 

資格試験の内容

インテリアコーディネーターの資格試験の合格率は、約20%となっています。 合格率が低い理由のひとつに、試験の出題範囲が広いことが挙げられます。内装に限らず建築に関することも出題されるので、専門的な知識も必要となってきます。

 

建築系専門学校とインテリアコーディネーター

これまで説明してきたように建築系の知識も必須な職種であるインテリアコーディネーター。 この職種を目指すうえで、建築系の専門学校には大きなメリットがあります。学校選びに悩んでいる方は、選考基準として参考にしてみてくださいね。