建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築専門学校 卒業後の進路・将来性 » 建築業界への就職を目指すために知っておきたいこと

建築業界への就職を目指すために知っておきたいこと

建築業界への就職について説明しています。

専門的な知識が求められる業界

建築業界には建築士やインテリアコーディネーター、宅地建物取引士などさまざまな職種があります。

専門知識を身に着けて就職を目指す

建築業界の仕事は専門的な知識やスキルが必要とされるものばかり。知識やスキルは独学で身に着けることも可能ですが、建築業界での就職を考えた場合、専門学校に通って勉強するのがベターです。就職に有利な資格の取得が効率的に目指せるうえ、学校によっては関連企業から厚い信頼を寄せられており、その学校の生徒だというだけで雇われやすくなることもあります。専門知識が求められる業界なので、「あの専門学校で勉強した生徒だからこれくらいの知識はあるだろう」という目算が立てられるのは企業側にとってもありがたいのです。

就きたい職種によって必要な知識は違う

建築業界での就職を目指す方はまずはどんな職種に就きたいのかを定め、その職種で就職するのに必要なことを把握しましょう。知識にせよ資格にせよ、自分のなりたい職種に合ったものを効率的に身に着けることが建築業界で夢を叶える近道だと言えます。

仕事の流れ

受注

建設業界でのお仕事は、基本的に「受注してから」です。勝手に建物を建てるのではなく依頼を受けてからとなりますが、どのような形で依頼を受けるかは内容によって異なります。ほぼ設計の原案ができている状態で建築作業のみを担当するケースもあれば、土地から「どのような建物にするのか」を相談されることもあるのが特徴です。この点は依頼主次第となるでしょう。

個人宅から商業施設まで、建設業界の仕事は多種多様です。自治体から公共建築物を依頼される場合もあれば、個性的なデザインの商業施設を担当するケースもあります。

大がかりなプロジェクトの場合、設計から行うだけではなく人員配置等まで考えなければなりません。長期間のプロジェクトとなると他の仕事との兼ね合いもありますし、スタッフの確保だけではなく資材集めやスケジューリングなどを考慮する時間が必要です。また、自社だけで難しい場合には下請けへの要請も考慮しなければなりません。

着手

設計やスケジューリングなどが定まったら着工となります。ただし、スケジュールはなかなか予定通りにいかないものです。その原因の一つとして天候があります。屋外で作業する場合、雨天・悪天候時にはどうしても作業が思うように進みません。特に梅雨の季節は悪天候の日が続くこともあります。

ある程度雨天を考慮したスケジューリングを組んだとしても、天候に関してはどうしようもできないのが厳しいところです。予想も難しいので、天候によって左右されることも含めたスケジュール作成が必要になります。

また、スケジューリング以外に様々な問題が起こるのも、建設のお仕事の特徴です。作業員が怪我をしてしまう可能性もあれば、資材が間にまわない・足りないというケースも実際にあります。社内で異なるプロジェクトの応援に行かなければならないなど、なかなか作業が進まずに工期まで常緊張感で溢れている現場も珍しくありません。

労働環境の向上

建設業界にも合理性の風が吹き始めている

かつて建設業界は、どちらかといえば根性論が蔓延していました。仕事は「気合でするもの」「後輩は背中を見て学べ」など、いわゆるアナログな世界だったと言えます。しかし、昨今は建設業界もIT技術が多く導入され、合理性が追及されるようになりました。スケジューリングに関しては、デジタルコンテンツで細かく管理できる体制が整えられています。マニュアルも完備されることで、若手や女性が活躍できるような配慮も行われるようになりました。

仕事は多いからこその人手不足

建設業界もまた、人手不足が囁かれています。国内ではどの産業においても人手不足が顕著ですが、他の業界と異なり仕事が豊富にあるというのが現状です。

公共インフラの整備から商業施設など、建設はライフラインを支えていると言っても過言ではありません。仕事がなくなることは考えにくい業界ですが、一人ひとりの行わなければならない仕事が増えているというのが問題です。この問題を解決するための方法として、合理性の追求が叫ばれています。

IT技術・AIを頼ることで、人間の負担を最小限に抑え、少ない人員でも作業ができないのか模索されている建築業界。働くには人手不足に対応できる管理能力も問われるでしょう。

特に人手不足が顕著な点として、女性の建築関係者が増えていることも挙げられます。建設業界は「男の仕事」といったイメージが強く、実際に働いている人間も男性が圧倒的に多い職業でした。昨今は建設現場に女性の姿を見かけることも珍しくありません。

「建設業界の人手不足を救うのは女性だ」との声もあり、より女性が存在が活躍できるようになれば、働きやすい職場が増えていくはずです。建設業界もまた、他の産業同様時代に合わせて変革が行われている証拠でしょう。

幅広い選択肢

建築業界で就職する場合、就職先として一般的なのは住宅メーカーやリフォーム会社、ゼネコンなどです。しかし、建築業界には他にも現場管理職や建築材料メーカー、設計事務所など幅広い就職先が選択肢として挙げられます。

建築士の資格は取っておいた方がいい

専門資格を持っていれば、就職先の幅が広がることは間違いありません。特に建築士の資格は就職に有利。公務員試験への合格が必要なこともあって気軽に取得できるものではありませんが、取っておけば建築関係の教職や研究職、官公庁の関連職に就くことも可能です。

震災の復興や今後行われるであろう大型の大会を見越しての建て替えなど、建築業界はここ数年活況を見せています。新たに建てられる建物の規模も小さな戸建て住宅から巨大な超高層ビルまでさまざま。

あらゆる建築物に対応できる知識とスキルを身に着ける意味でも建築士資格の取得を目指して損はないと言えるでしょう。

独立という道

建築業界では、建築士やインテリアコーディネーターといった専門的な知識を持った職種の人々が活躍しています。

企業に所属して働いている方がほとんどですが、より個性的な仕事の仕方を求めるのであれば、独立するのもひとつの手。自分の会社を立ち上げて、受ける仕事も自分で決めていけば、理想の建築人になれることでしょう。

ただし、いずれ独立するにしても一度は企業に就職して経験と技術を積んでおくべきです。建築は、誰かがそこに住んだり生活のために利用したりするもの。独りよがりな建築物を作ってしまわないためにも、まずは企業に所属し、業界の先輩たちの仕事ぶりを見て学ぶことが大切です。

なりたい自分になるために

建築業界で活躍するためにはそれ相応の知識と技術が求められます。

知識や技術を身に着ける方法は一通りではありません。建築の現場にいきなり飛び込んで実地で学ぶこともできますし、専門書を読み解きながら独学することもできます。しかし、当サイトでおすすめする方法は建築系専門学校への入学です。

専門学校には、通信制教育や独学などでは決して得られないメリットがあります。

学校が用意してくれた実習を通して効率よく建築の知識と経験を蓄積することができます。さらに建築業界に詳しい先生やスタッフとコミュニケーションを取り、わからないことがあったら質問することで、「建築業界で活躍する」という夢に向けて無駄のない努力が可能。

自分の夢を叶える道筋のひとつとして、専門学校を検討してみてはいかがでしょう。

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング