建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 評判で選んだ専門学校カタログ(建築編) » 【夜間学校】早稲田大学芸術学校

【夜間学校】早稲田大学芸術学校

早稲田大学が運営を行っている、早稲田大学美術学校【夜間学校】についてご紹介。学科ごとのコース内容や学費、学生からの評判などを掲載しているので、参考にしてください。

早稲田大学芸術学校【夜間学校】の特徴をチェック!

早稲田大学芸術学校の特徴は以下の4つです。

早稲田大学芸術学校公式サイトキャプチャ
引用元:早稲田大学芸術学校公式サイト(https://www.waseda.jp/school/art/)

建築関連コースの概要と学費

早稲田大学芸術学校でおすすめのコースは以下をご覧ください。

コース名 特徴 学費
建築科
2年制
・卒業と同時に2級建築士の受験資格を取得可能
・建築に必要な知識と技術を基礎から学べる
・専門的な応用能力を学べる
2年間合計
1,800,000円
建築都市設計科
3年制
・少人数制でデザインに関する指導をしてもらえる
・卒業時に二級建築士の受験資格と専門士を取得可能
3年間合計
2,570,000円

早稲田大学芸術学校では建築科2年、建築都市設計科2・3年に在籍しており、卒業が可能な15人に対して秋学期授業料相当額(約385,000円)を給付する「早稲田大学芸術学校奨学金」を設けています。その他に早稲田大学芸術学校奨学金と同条件で、一人に対し150,000円が給付される「校友会給付一般奨学金」もあるので、対象者は応募してみてはいかがでしょうか。

就職実績

早稲田大学芸術学校の2015年度卒業生の進路を見てみると就職した生徒は建築科で67%、建築都市設計科で50%となっています。進学した生徒は建築科で11%、建築都市設計科が23%に。就職先は建築設計事務所が35%、建設会社が26%、その他が39%といった結果になっています。

学生からの口コミ評判

資格取得支援サポート 

2級建築士取得をサポート

早稲田大学芸術学校は建築科と建築都市設計科を卒業すると同時に、2建築士の受験資格が取得可能です。1級建築士は建築都市設計科であれば実務経験3年以上、建築家は実務経験4年以上で受験資格を取得できます。

専門士の称号が授与される

3年制の建築都市設計科を卒業すると、専門士の称号が与えられます。専門士を取得すると、大学へ編入しやすくなるのがメリットです。

就職サポート

早稲田大学芸術学校は夜間開校しているため、働きながら学校に通っている人が多いのが特徴です。そんな生徒には、建築業界の豊富な知識を持つ教員が対応。どのような仕事をしたのか具体的に聞き出し、必要があれば直接会社を紹介してくれます。

また、早稲田大学キャリアセンターとも協力をしているので、正規採用やアルバイトの求人情報などを、ウェブで随時チェックすることが可能です。

学校概要

管理人からのヒトコト!

早稲田大学芸術学校は、夜間に開校しているということもあり、多くの在校生が働きながら学校へ通っています。

また、早稲田大学芸術学校の運営を早稲田大学が行っているので、早稲田大学の施設を使えるメリットも。日本最大級といわれている図書館・国際シンポジウムなどが行われる会議場などを利用することが可能です。

他の建築専門学校もチェックする>>

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

読売理工医療福祉専門学校
公式サイトをチェック!

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とのパイプも太く即戦力に

浅野工学専門学校
公式サイトをチェック!

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

青山製図専門学校
公式サイトをチェック!

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング