建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 評判で選んだ専門学校カタログ(建築編) » 東京テクニカルカレッジ

東京テクニカルカレッジ

最終就職率100%(2017年3月)という実績を誇る、東京テクニカルカレッジについて調べました。建築系コースの内容や費用、学生からの評判などをまとめています。

東京テクニカルカレッジの特徴をチェック!

東京テクニカルカレッジの特徴は以下の7つです。

東京テクニカルカレッジ公式サイト
引用元:東京テクニカルカレッジ公式サイト(http://www.tera-house.ac.jp/tec/index.html)

東京テクニカルカレッジの入試・出願情報(スケジュール、入試方法、推薦情報)

※以下は高校生の方についてのみ情報です。社会人の方は別途ご確認ください。

入学願書入手方法

インターネット、電話、学校の窓口など。※学校案内と一緒に入手できます。

願書提出方法

持参もしくは郵送。※持参の場合は受付時間、郵送の場合は消印有効日を要確認。

募集定員

※以下募集定員の情報は平成31年度のものです。

専門課程(昼)

*建築監督科(修業年数4年):40名

*建築科(修業年数2年):80名

専門課程(夜) *建築科(夜間 建築士専科/修業年数2年):80名

募集期間

現役高校生が出願可能な平成31年度の募集期間は以下のとおりです。

*一般:2018年11月1日(木)~2019年3月31日(日)

*推薦:

  • 指定校推薦 2018年11月1日(木)~12月19日(水)
  • 学校推薦 2018年10月1日(月)~12月19日(木)
  • 選考方法

    *一般:書類と面接による選考

    *指定校推薦:書類による選考

    *学校推薦:書類と面接による選考

    入学検定料

    一般、各推薦ともに以下のとおりです。

    *昼間学科:20,000円

    *夜間学科:10,000円

    推薦についての詳細説明

    指定校推薦と学校推薦の推薦基準・特典の情報をまとめています。

    指定校推薦

    指定校推薦は、在学している学校長の推薦が必要。また、オープンキャンパスなどに参加し、志望学科の説明を受けていることが必要です。 10月1日(月)~31日(水)までに出願すると、入学金から50,000円免除されます。

    学校推薦

    評定平均値2.7以上の学力を有し、オープンキャンパスなどに参加し、志望学科の説明を受けていることが必要です。

    紹介制度

    指定校推薦・学校推薦ともに以下の紹介制度による特典を受けられます。

    在校生・卒業生紹介制度A(三親等以内の親族を紹介した場合):入学金から100,000円免除

    在校生・卒業生紹介制度B(知人を紹介した場合):受験料免除

    併願情報

    一般入学で受験し、大学、短期大学、公務員試験、職業訓練校を併せて受験する場合は、出願時に「併願申請書」を提出することで、入学金納入を行う入学手続きを、併願先の合格発表日から4日以内まで延期できます。

    AO入試について

    *エントリー期間:2018年6月1日(金)~2019年2月15日(金)

    *願書提出機関:2018年8月1日(水)~2019年2月19日(火)

    *エントリー方法:オープンキャンパス開催日に来校し、エントリーシートの提出を行います。

    まとめ

    他の学校に比べ一般入学での募集期間が長いのが特徴です。

    建築関連コースの概要と学費

    東京テクニカルカレッジでおすすめのコースは以下をご覧ください。

    コース名 特徴 学費
    建築監督科
    4年制
    一級建築士や一級建築施工管理技士を目指すための学科
    個人住宅から大規模建築物までの設計技術を学べる
    スーパーゼネコン協力のもと、企業施設利用学習や企業からの課題に取り組む「企業課題科目」などの、オリジナルのカリキュラムを学べる
    現場監督に必要なリーダーとしてのスキルが身につく
    4年間合計
    4,300,000円
    建築科
    2年制
    卒業生の約4割が建築設計の仕事に就いている
    卒業年度に二級建築士、4年後に1級建築士を目指せる
    エコハウスからビル建設まで、最新かつ多様な設計ノウハウを学べる
    3ヵ月程度で就職に必要なデジタル技術を身につけられる
    2年間合計
    2,250,000円
    夜間建築専科
    2年制
    仕事をしながら一級・二級建築士の受験資格が得られる
    学生ホールで予習・復習ができる
    理解できていない部分は、個別補講でサポート
    2年間合計
    990,000円

    東京テクニカルカレッジには、独自の奨学金やサポート制度が充実しているのが魅力のひとつです。小山学園後援会高度教育スカラシップは、4年間総額で176万円の授業料が免除。学生寮サポート制度では入寮費を5~20万円サポートしてくれるので、見逃せません。

    ★夜間学校の2年間合計費用:990,000円

    就職実績

    東京テクニカルカレッジの最終就職率は、2017年3月末で100%。8月までの就職率80%を目指しているため、多くの学生が希望する会社で就職しているのが特徴です。主な就職先は飛島建設や前田建設工業などのゼネコン、住友不動産やスターツコーポレーションなどの大手不動産会社など。その他に、設計事務所や建築積算系企業などにも就職をしています。

    具体的な就職先

    建設会社・ハウスメーカー

    前田建設工業(株)、清水建設(株)、大成建設(株)、(株)竹中工務店、東亜建設工業(株) 、鹿島建設(株)、(株)大林組、前田建設工業(株)、飛島建設(株)、西武建設(株)、タクトホーム(株)、セキスイハウス(株)、タマホーム(株)、(株)明野設備研究所、東急建設(株)、大東建託(株)、大和ハウス工業(株)

    建築設計事務所

    (株)梓設計、デザイナーRAN(有)、(株)レノア、タック(株)

    設備・リフォーム会社

    (株)日本設備企画、大成温調(株)、(株)ニチボウ、(株)リフォームキュー

    店舗・インテリア会社

    (株)スペース、(株)市川宏行建築研究所、(株)環境計画研究所

    職先業種比率

    全体的に見ると、建築会社への就職率が非常に高いです。就職先も一流企業が多数そろっており、俗にスーパーゼネコンと呼ばれるような企業も対象になっています。施工管理部門への就職が多いことから、管理職に必要な能力を学べるカリキュラムの充実度が見えてくるのではないでしょうか。

    建築家の卒業生に関しては、約4割が建築設計の職に進んでいます。入学当初の希望通り進路を取ることができるのも、設計のスキルをしっかりと身につけているからこそ。中堅どころから超大手まで就職先の幅が広いため、安定した就職を狙っている学生にもおすすめです。

    学生からの口コミ評判

    資格取得支援サポート

    1・2級建築施工管理技士取得をサポート

    東京テクニカルカレッジでは、2級建築施工管理技士の1次試験を在学中に合格することを目標としています。卒業後、監督の仕事を1年間経験することで、2次試験を受けることが可能です。1級建築施工管理技士は、監督の経験を3年積むことで受験できます。

    1・2級電気工事施工管理技士取得をサポート

    電気工事施工管理技士は、電気工事を実施するにあたり必要な技術を認定した資格です。東京テクニカルカレッジの建築監督科は指定学科ということもあり実務経験1年で2級、1級は実務経験3年で受験できます。

    取得可能な資格

    在学中に取得可能な資格

    卒業後に取得可能な資格

    就職サポート

    小山学園後援会企業がバックアップ

    東京テクニカルカレッジが所属している学校法人小山学園は卒業生の活躍が評価されているため、100社以上の企業からなる後援会があります。そのため、就職の際にバックアップしてもらうことが可能です。

    就職サポートプログラム

    入学直後から「どんな適性があるか」「どんな仕事をしたいのか」など、職業への理解を深めながら就職活動に対するノウハウを身につけられる「就職サポートプログラム」を実施。就職先は全員が決定するまで担任の先生はもちろん、就職担当や校長先生が全力でサポートしてくれます。

    学校概要

    管理人からのヒトコト!

    東京テクニカルカレッジでは少人数・担任制を採用しているため、生徒と先生の距離が近いのが特徴です。そのため、疑問があればすぐに質問することができます。「わかる授業」をモットーとしているので、生徒の興味や関心が高まると評判です。

    また、東京テクニカルカレッジは建築業界に密なコネクションを持っているため、就職をサポートしてくれるのも魅力のひとつ。2017年の3月末の最終就職率は100%とこの上ない数値になっています。

    建築業界で活躍が目指せる建築専門学校をチェック>>

    就職率100%&学費で選ぶ
    建築専門学校ランキング

    1位

    浅野工学専門学校
    神奈川県横浜市(新子安駅)

    就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
    建築系専門学校のパイオニア
    業界とパイプが太く就職に強い

    何をできるかチェック!
    公式サイトへ

    2位

    読売理工医療福祉専門学校
    東京都港区(田町駅・三田駅)

    就職率100% 1年あたりの学費108万円
    日本テレビグループの専門学校
    楽しいキャンパスライフ

    何をできるかチェック!
    公式サイトへ

    3位

    青山製図専門学校
    東京都渋谷区(渋谷駅)

    就職率100% 1年あたりの学費111万600円
    インテリアコーディネーターや
    プランナーを目指す学部あり

    何をできるかチェック!
    公式サイトへ

    志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

    志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング