建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士になるには?夢を叶える基礎知識 » 建築士の仕事が向いている人の特徴

建築士の仕事が向いている人の特徴

このページでは建築士に向いている人の特徴を3タイプ紹介しています。建築士という職業が気になっている人は、当てはまるかどうか覗いてみてくださいね。また、建築士の市場についても解説しています。

建築士に向いている3つのタイプ

建築士は、ひとことで言うと建物をデザイン・設計する職業です。きっと建築士と聞いてイメージするのは、創造力の高さ、緻密さ、手先の器用さ、頭の良さでしょう。確かにどれもあった方が良いスキルですが、「本当に建築士に向いている人」を決める判断材料にはなりません。実は、もっとシンプルかつ簡単な判断材料があるんです。

建築士に向いているポイントを3つのタイプに分けて解説しているので、該当するかどうか確認してみてください。

その1:何かを作ることが好きな人

何かを作ることの「何か」とは、本格的なものじゃなくてもOK。例えば小さなころに積み木やおもちゃのブロックで遊ぶのが好きだった人や、図工の授業が楽しみだった人も当てはまります。建築士を目指すうえで大切なのは、クオリティよりも「作ることを楽しいと感じられるかどうか」。加えて、楽しんで作ったもので「誰かを喜ばせたい!」という気持ちが強い人は建築士に向いています。

その2:美術品が好きな人

デザインセンスの良さは建築士の仕事で活きる1つのスキルです。美術館、陶芸展、海外などへ足を運び、美術品の構造やデザインを目にしている人は、自然とデザインセンスが磨き上げられています。これは、建築設計における「意匠」の分野で役立つスキルとなるでしょう。これまで自分の中にインプットしてきた数々のデザインを建築物デザインで活かしてみてはいかがでしょうか?

その3:理系科目が得意な人(ただし必須ではありません。)

理系科目の知識は建築設計における「構造」の分野で役立ちます。建物の強度や耐震性を割り出すために必要なのは計算力、環境に配慮した塗料や資材を使用するために必要なのは科学知識です。もともと理系科目が得意な人なら、人と環境に配慮した家を設計する建築士を目指せます。ただしこういった科学的適性がなくても問題ないです。直観や感性をいかした芸術的適性で活躍されている方もたくさんいますし、人にやさしいもの、楽しませるもの、生活を豊かにする工夫などは、こういった直観や感性の有無が大きく問われます。

その4:大人数での取り組みが好きな人

建築士の仕事は、自分だけが頑張ればなんとかなるものではありません。営業マンとのコミュニケーション、現場スタッフとの連携など、いわば「チームプレイ」が求められます。一人でよりも、むしろ大人数で取り組めることを楽しめる人、大人数での達成感に喜びを感じる人に向いている職業です。

その5:継続力のある人

「忍耐」と言い換えても良いかもしれませんが、建設の仕事は常に長期的ビジョンが求められます。一日二日で終わるような仕事ではなく、数か月はおろか、数年かかるようなお仕事もあるのが実情です。「一日」という単位で見ると、仕事が進んだのかさえよく分からないような日もあるかもしれません。そのため、結果をすぐに求める人ではなく、「ゴールまでコツコツと」進める人は建築士に向いています。

言うなれば、長距離走のようにペースについて綿密に計画しながら進める力が必要です。

その6:責任感のある人

建築士のお仕事は、依頼主のためのものです。二級建築士の場合は、基本的に一般宅の施工を担当するでしょう。請け負った建築物は完成させることだけでなく、依頼主の快適な生活の実現も目的の1つです。災害のように、万が一に備えた安全性の確保も必要となります。目に見えない部分、おそらく気付かれないであろう部分にまでこだわりを持つ責任感もまた、建築士に求められる能力です。

建築士に向いていない3つのタイプ

その1:協調性がない

建築士の仕事はチームプレイが必要となります。つまり、個人プレイが好きな人、あるいは自己主張が強すぎる人は、建築士に向いていないかもしれません。様々な人がいる中で、それぞれが協調性を意識してチームプレイを行うことが求められているのが建築士です。自分の思い通りにではなく、建築士や依頼主とで納得できる対応が求められます。

その2:飽きっぽい人

建築士のお仕事は常に「長期戦」になるので、すぐに結果を求める人や飽きっぽい人は向いていません。二級建築士の場合は一般宅の施工になりますが、それでも場合によっては数か月、あるいはそれ以上の施工期間になることもあります。時には天候不順等で思うように作業が進まないこともあるでしょう。

資格を取るのも大変なので、飽きずに続けられる工夫が必要となります。

その3:建築物「しか」見ていない人

家を建てるのは、依頼主のためです。そのため、自分が思う家造りだけにこだわるのではなく、依頼主の希望までふまえて考えなければいけません。「良い建物を」という気持ちは素晴らしい考えですが、「良い」とは建築士や現場の人間にとってではなく、依頼主にとって満足できる家造りが大切です。

市場から見る建築士に最も必要なポイント

現在、日本国内には建築士の有資格者が100万人以上存在すると言われています。建築事務所に在籍している人、ゼネコン系の会社で設計業務を手掛けている人、何代にも渡って職人技が受け継がれてきた木造大工など、活躍の場は様々。ちなみに最近は、建築事務所やゼネコン系会社に理想の家を依頼する人が増えています。建築技術の評価だけでなく、斬新さやデザイン性、ライフスタイルに合わせた利便性など、建築士として評価されるポイントは広がりつつあるのです。

求められるスキルは時代によって変化します。建築士に向いているかどうかを決めるポイントの中で、唯一時代の変化に左右されないのは「作ることが楽しい」「作ったものを見せる相手を喜ばせたい」という純粋な気持ち。これさえあれば、建築業を心から楽しめる建築士になれるでしょう。

建築士に向いている人は選りすぐりの建築専門学校をチェック!>>

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング