建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士になるには?夢を叶える基礎知識 » 大学と専門学校の違い

大学と専門学校の違い

このページでは、建築士を目指す人に向けて4年制大学にある建築学科と専門学校にある建築学科の違いをまとめています。進学先に悩んでいる人は参考にしてみてください。簡単に言ってしまえば、専門学校は「建築」の仕事をするための知識や技術を身につけるところというイメージです。一方で大学では「建築」について研究するための時間をたくさんとることができます。またビルや橋などインフラ系の大きな建物を建てる場合、一級建築士の資格や社会政策などについて知識が必要となり、大学での研究や勉強が役に立つでしょう。

専門学校の建築学科の強み

(1)短期間で建築士を目指せる

専門学校の強みは、4年制大学よりも短期間で建築士を目指しやすい点です。二級建築士の受験資格は、大学・専門学校のどちらかの建築過程を修了していれば実務経験がなくとも受験できます。専門学校の在学期間は学校の方針によって異なりますが平均2~3年。4年制大学よりも早く修了するので、二級建築士をいち早く受験できます。二級建築士を取得すれば、建築業界ですぐに建築士として活躍できるので、短期間で建築士になりたい人におすすめです。

(2)即戦力になるスキルが身につく

専門学校には基本的に普通科目の授業がありません。建築に特化した授業だけを受けられるので、卒業後すぐに建築業界で活躍できる実践的なスキルを身につけやすいでしょう。

4年制大学の建築学科の強み

(1)一級建築士の合格率が高い

一級建築士は、大学・専門学校の建築学科を卒業後2~4年の実務経験を積んだ人だけに受験資格が与えられる難易度の高い国家資格です。一級建築士の合格率が最も高いのは、4年制大学の建築学科卒業生。公益財団法人・建築技術教育普及センターが発表している平成29年度のデータによると、4年制大学の建築学科卒業生が試験合格者の7割を占めていました。一般的な設計は二級建築士の資格があれば手掛けられますが、大規模な施設の設計を手掛けられるのは一級建築士のみ。世界的な建築士になりたいと考えているなら、4年制大学の方が叶う確率は高いでしょう。

(2)建築学・経歴・一般教養をまとめて習得できる

4年制大学は建築学だけではなく幅広い教養が身につく場所です。4年制大学の建築学科に進学すれば、もし建築業が肌に合わないと感じたときでも別の道に進みやすいという安心感を得られます。

進学先選びのポイントは「なにを習得したいか」

建築士になるには国家資格(一級建築士、二級建築士、もしくは木造建築士)が必要です。まずは二級建築士の資格を取得していち早く建築業界で活躍したい!という人は専門学校へ、一級建築士の合格率が高い方を選びたいという人は4年制大学へ進学を考えてみてはいかがでしょうか?

4年制大学と専門学校の強みを紹介してきましたが、これらはあくまで目安です。専門学校でありながら大卒扱いとなる資格を取得できるところもあれば、大学でありながら即戦力となるスキル重視のカリキュラムを設けているところもあります。国家資格もまた、受験条件の詳細は違いますが、どちらの学校に行っても取得することは可能です。結局のところ建築士になれるかどうかは自分次第。下調べを徹底して、「ここなら頑張れる!」と思える学校を見つけ出してくださいね。

資格合格率・就職率の高い建築専門学校5校を厳選!>>

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング