建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士、インテリア系資格取得ガイド【保存版】 » 建築CAD、CADオペレーターとは

建築CAD、CADオペレーターとは

設計・製図できるソフトウェアで図面の作成を行なうCADオペレーター。民間資格である建築CAD検定試験やCAD利用技術者の資格取得が欠かせません。ここでは、CADオペレーターの仕事内容や資格の概要について紹介しています。

CADオペレーターとはどんな仕事か?

CAD(キャド)とは?

CADはコンピュータで設計・製図をするソフトウェアのことです。

建築に特化したものは建築設計CADと呼ばれており、建築関係図を製図する際に用いられています。建築関係図は4種類あり、工事の段階に応じて作成される図面のことです。

建築CADソフトは1種類だけではなく、さまざまな種類があり、それぞれ異なった機能が搭載されています。

CADオペレーターとは?

CADオペレーターとは、CADソフトを用いて図面を作成する方のことです。最近では、機械・構造物から家電製品、洋服のデザインなどあらゆる分野でCADオペレーターが求められています。

建築関係図

基本設計図
建物の構造や材料、間取りなどの図面。依頼主が希望する使い勝手やデザインを敷地環境・法規制などの条件に当てはまるように検討して作成します。依頼主が理解できるようにわかりやすいものが一般的な基本設計図です。
実施図
工事に必要な詳細事項を定めるために基本設計図を基に作成した図面。見積もりの作成の時に役立ちます。基本設計図よりも専門的な情報が記載されているので、依頼主が全てを理解するのは難しいでしょう。
施工図
建築確認申請がおり、実施図を基に作成した図面。この図面を見て施工業者は工事を行ないます。
竣工(しゅんこう)図
建築工事中の設計変更を修正し、工事が完了してできあがった建物を正確に記した図面。配管や配線などは施工中に変更されることが多いため、竣工図として記録するのです。最新の図面なので、将来修繕やリフォームする際に役立ちます。

建築CADソフトの種類

世界で一番のシェアを誇るCADソフトであるAutoCAD(オートキャド)。大手企業が使用しているため、下請け業者でも導入されるようになったソフトウェアです。一方中小企業の場合は、フリーCADソフトのJw_cadやDraftSight・設備関係の企業はCADWe’ll Tfasなどのように他のCADを使用しています。

建築CAD検定試験、CAD利用技術者の資格概要

CADの資格には公的資格と民間資格の2種類があります。公的資格である厚生労働省の中央職業能力開発協会の「CADトレース技能審査」は、国内唯一の公的資格として認められている資格です。民間資格は多くのCADの資格があります。

主に、全国建築CAD連盟の「建築CAD検定試験」や、コンピューターソフトウェア協会の「CAD利用技術者試験」の資格が主流です。国内での認知度が高いため、多くの方が受験しています。実践的な資格として企業からも評価されている資格の一つです。

建築CAD検定試験の概要

一般社団法人全国建築CAD連盟が主催する建築CAD検定試験。1993年に誕生した日本初の建築CADの資格試験となります。建築CADを用いて図面を作成する技能を測ったり、CADシステムを使って建築図面を正しくトレースする技能を測ったりする試験です。

実技試験のみの試験ですが、基礎的な建築知識が必要となります。合格すれば、建築CADの実用性があると高く評価してもらえるでしょう。准1級から4級までのランクがあります。

CAD利用技術者試験の概要

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会が主催するCAD利用技術者試験。CADシステムに関する知識の理解することが大切で、建築図面、機械図面などさまざまなトレース技術が求められます。パソコンに関する知識やソフトウェアに関する知識について試験問題として出題されることも。

建築CAD検定試験と違って学科を行ない、CADを利用する仕事で勤めている方や、就職・転職を考えている方の多くが、資格の試験を受けているそうです。

CADオペレーターの将来性

今後、CADソフトが開発されて使いやすくなり、誰でも扱えるようになるため、CADオペレーターとしての資格や技術を持っているだけでは安心できません。現段階のソフトの技術力アップによって、専門のCADオペレーターを雇わずに設計士がCADを使って図面を作成するケースが増えています。CADの操作知識や技術はもちろん必要ですが、将来のことを考えて建築に関係のある業務知識も身につけておきましょう。

これからはCADオペレーターも専門知識が必要です。現場で作業する際には土木建築の知識を求められており、CADオペレーターに対して求められるレベルは徐々に上がっています。

CADオペレーターになるには、簡単ではありませんが、コツコツと磨き上げた技術と経験を自分の強みとして活かすことが可能です。建築関係の深い知識を持つCADオペレーターになれれば、建築関係の企業で重宝される存在となれるでしょう。自分の努力次第でレベルアップしていけば、良い条件の会社に勤めたり難しい仕事を任せてもらえたりするので、やりがいを感じる仕事だと言えます。CADオペレーターとして活躍したい場合は、CADが操作できるだけではなく、業界の専門知識を身につけることが大切です。

CADオペレーターになるには、建築CAD検定試験、CAD利用技術者の資格をはじめとした建築関連の資格取得が欠かせません。さらに建築関係の資格の取得も将来役に立ちます。ここでは、資格取得をサポートしてくれる建築専門学校についてまとめたので、こちらをチェックしてみてください。

建築関連の資格取得に強い専門学校をチェック!

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング