建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築専門学校 卒業後の進路・将来性

建築専門学校 卒業後の進路・将来性

取得できる資格や就職先など、建築の専門学校に関するよくある疑問や質問をQ&A形式で紹介しています。

建築業界で活躍するための専門学校Q&A

専門学校で建築のことを学ぼうと考えている人のために、素朴な疑問を集めて回答してみました。

Q. 建築業界で就職するとき知っておいた方がいいことってあるの?

建築業界で働く場合、企業に就職したり独立して起業したりといった選択肢があります。どんな道を選ぶにしても、活躍するためには専門的な知識やスキルが必須。それらを身に着けるためには専門学校に通うのがおすすめです。その理由をはじめ、建築業界で就職する際に知っておくべき知識をまとめました。

建築業界への就職を目指すために知っておきたいこと>>

Q.建築業界にはどんな仕事がある?

建築に関わる職種は多岐にわたります。建築士やインテリアコーディネーターなどお馴染みの職業から商業施設士や建築施工管理技士など一般的にはあまり聞かない職業までさまざまです。

建築業界で働きたいなら、まずは自分が目指すべき職業を適切に把握しておかなくてはいけません。建築業界のさまざまな仕事について紹介します。

建築業界の職種についてもっと詳しく>>

Q.建築業界で活躍するのに資格は必要?

専門的な知識やスキルが求められる建築業界で活躍したいのなら資格を取得しておくのがおすすめです。資格を持っておくと求人の幅が広がるうえ、給与面で優遇してもらえることも。

すでに資格を持っている方でも、もう一つ別の資格を取得してダブルライセンスにすれば仕事の幅がさらに広げられますよ。

建築系の資格と効率的な取得法についてまとめました。

資格の取得についてもっと詳しく知りたい>>

Q.専門学校入学から就職までの流れって?

専門学校から建築業界への就職を目指す場合、まずはオープンキャンパスや説明会などで通いたい専門学校を選んで出願します。

審査や試験を経て無事入学できたら授業と実習で建築に関する知識とスキルを習得。インターンで現場の空気を体感したり学校の就活スタッフに情報を聞いたりしながら就職したい企業を選びましょう。

専門学校入学から就職までの流れをもっと詳しく>>

Q.専門学校の費用はどれくらいかかる?

建築系の専門学校に通う場合、1年次には大体100万円ほどの費用がかかります。その内訳は入学金や授業料、施設費など。

100万円と聞くと高額に感じるでしょうが、多くの専門学校には学費支援制度があり、条件を満たすと学費負担が軽減されることもあるのです。費用面で専門学校への入学を諦めようとしている方は一度学費支援サポートについてチェックしてみては。

専門学校の学費支援サポートや奨学金などについてまとめました。

専門学校の費用(学費)について詳しく見る>>

Q.専門学校で建築士の資格はとれる?

専門学校の学科によって異なりますが、在学中に二級建築士合格を目指せるコースや、卒業後もサポートがあって一級建築士を目指せるコースもあります。

建築士の国家試験は受験資格があるので、カリキュラムがそれに対応していることは必須条件ですが、受験対策合格サポートがしっかりしている学校を選べばより安心でしょう。

Q.建築の専門学校ではどんな会社に就職できる?

建築の専門学校の就職先としては主に以下のような分野が挙げられます。

大手ゼネコンや官公庁から、企業規模は小さくても世界的知名度がある設計事務所まで、まさに多種多様。もちろん建築士として独立することもできますし、社会インフラに関連する多くの業種への就職可能性があるというわけです。

Q.建築士の副業とは?

建築士は専門的な知識や技術を持っており、そのスキルを生かした副業の案件が多く存在します。副業を行うことによって年収をアップさせることができますし、建築士としての仕事の幅を広げることも期待できるでしょう。建築士が行っている副業は実際にどのようなものがあるのか、メリット・デメリットなどについても知っておくことで、将来のイメージも具体的にできます。

Q.建築士の働き方とは?

建築士は正社員として雇用されるか、自分で独立して事務所を経営している人がほとんどです。ですが建築士は国家資格なので、派遣やパート、副業などの働き方でも十分な収入を得られます。希望する仕事はもちろん、自分に合った働き方を選ぶのが大切です。

Q.建築のプロになるなら大学と4年制専門学校どっちがいい?

建築のプロになるという目標が決まっているなら4年制専門学校をおすすめします。普通の大学では教養科目など建築以外の勉強が少なくないため、同じ4年間でも建築について習得できるスキルはかなり差が出るでしょう。

また、一級建築士・二級建築士の国家試験を受けるためには受験資格をクリアする必要があり、専門学校の方がより短期でその資格を満たせるケースがほとんどです。

将来なりたい仕事の資格取得で選ぶ!
建築系専門学校3選

建築士の資格取得を
目指すなら

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

引用元:浅野工学専門学校公式HP
(https://ssl.asano.ac.jp/)

就職率:100%

建築業界への就職社数:207社(過去5年)
総合建設業、設計事務所、建設関連[設備・メーカー・内装等]、住宅、公務員・公益法人・指定確認検査機関、コンクリート、その他(家具・不動産など)

取得可能な資格:建築士、建築施工管理技士、JIS品質管理責任者、建築設備士、現場作業に必要な各種免許/資格など

1年間の学費:建築工学科1,032,000円

建築施工管理技士の
資格取得を目指すなら

東京テクニカルカレッジ
東京都中野区(東中野駅)

引用元:東京テクニカルカレッジ公式HP
(https://tec.ttc.ac.jp/)

就職率:100%

講義内容:一般教養科目は原則なし!専門分野のみ。個人住宅~大規模建築物の設計技術、自ら設計した建築物の工事用図面(施工図)作成、設計者の考えや、設計から工事に必要なことを読み解く力が身につけることができるようになる。

取得できる資格:建築施工管理技士、管工事施工管理技士、消防設備士、建築積算士、宅地建物取引士、建築士など

1年間の学費:建築監督科1,020,000円

インテリアデザイナーの
資格取得を目指すなら

山脇美術専門学校
東京都千代田区(市ヶ谷駅)

引用元:山脇美術専門学校公式HP
(https://yamawaki.ac.jp/)

就職率:100%

身につくスキル:インテリアデザインやウィンドウディスプレイ、暮らしを快適にしてくれる家具や照明などのデザインから店舗、住宅などの建築設計まで

取得できる資格:インテリアコーディネーター、インテリアプランナー、色彩検定、商業施設士など

1年間の学費:
スペースデザイン科980,000円

浅野工学専門学校の就職率・就職社数…参照元:浅野工学専門学校公式HP(https://ssl.asano.ac.jp/jobs/job/results/)2021年10月時点
浅野工学専門学校の取得可能な資格…参照元:浅野工学専門学校公式HP(https://ssl.asano.ac.jp/subject/technology/t-point/)2021年10月時点
東京テクニカルカレッジの就職率…参照元:東京テクニカルカレッジ公式HP(https://tec.ttc.ac.jp/recruit/)2021年10月時点
東京テクニカルカレッジの取得可能な資格…参照元:東京テクニカルカレッジ公式HP(https://tec.ttc.ac.jp/departments/architectural-director)2021年10月時点
山脇美術専門学校の就職率…参照元:山脇美術専門学校公式HP(https://yamawaki.ac.jp/support/)2021年10月時点
山脇美術専門学校の取得可能な資格…参照元:山脇美術専門学校公式HP(https://yamawaki.ac.jp/introduction/space/)2021年10月時点

 

将来なりたい仕事の資格取得で選ぶ!建築系専門学校3選

将来なりたい仕事の資格取得で選ぶ!建築系専門学校3選