HOME » 建築の専門学校なんでもランキング » 就職率の高さBEST3

就職率の高さBEST3

建築業界で活躍することを目標としている人のために、評判の良い専門学校を就職率で比較。学科紹介や特徴なども紹介しています。

建築系の専門学校ランキング@就職率版

専門学校を選ぶときにチェックしておきたいのが就職率。建築業界で活躍できるかどうかは、学校がもつ業界とのパイプの太さにあるといっても過言ではないでしょう。

1位/浅野工学専門学校

就職率 100%
業界各社とつながりがあり実習先に就職するケース多数
建築専門の学校なので希望する会社に就ける
就職氷河期の時代でも100%を維持していた
学生からの評判をチェック≫
コース概要 建築工学科4年制/地震や環境に関する講義が充実していて、修了時に高度専門士の称号を得て大学院入学資格も付与
建築デザイン科2年制/卒業時に二級建築士の受験資格を取得でき、耐震性能やユニバーサルデザインも含めた建築意匠設計を学ぶ
学校の特徴 インターンで行った企業への就職実績も豊富
1クラスの人数をあえて抑えて密度濃くきめ細やかな指導が受けられる
明治のセメント王が創設した建築系専門学校のパイオニア
開校以来90年近い歴史を持つ伝統校
初年度学費が最大342,000円免除される学費軽減支援制度あり
所在地 神奈川県横浜市神奈川区子安台1-3-1

2位/読売理工医療福祉専門学校

就職率 97%
2010年度の工業系学科全体の就職率で、建築学科の求人数は314件
学生からの評判をチェック≫
コース概要 建築学科2年制/少人数制のマンツーマンに近い指導で、2年次からは設計・インテリア・施工の3コース別授業もあり
学校の特徴 2年で二級建築士の受験資格を取得
先生は全員現役プロの一級建築士
実践・実務を重視した授業で資格取得と就職に強い
介護福祉学科との連携で福祉住環境コーディネーターも目指せる
所在地 東京都港区芝5-26-16

3位/青山製図専門学校

就職率 96.8%
2013年3月の卒業生実績で、業種別では建築会社が31.9%でトップ
学生からの評判をチェック≫
コース概要 建築学部建築工学科3年制/建物、都市計画、ランドスケープを学ぶコースで、カリキュラムはインターンシップ、CAD、CGによる実践プレゼンなど
建築学部建築設計デザイン科3年制/2年次からの選択で、意匠デザイン主体の建築デザインコースか環境デザインコースを選択
学校の特徴 1977年開校で建築系専門学校の老舗的存在
すべての学科が一・二級建築士の受験資格認定で専門士になれる
3年間じっくり建築の勉強に専念できる学科あり
所在地 東京都渋谷区桜丘町4-6(3号館)