建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築の専門学校なんでも3選 » 就職率の高い建築専門学校 3選

就職率の高い建築専門学校 3選

いずれ建築業界で働きたい!と考えている人のために、就職率の高いおすすめの建築専門学校をご紹介。カリキュラムの特徴なども調べてみました。

就職率の高い建築専門学校とその就職傾向やコース概要、学校の特徴を紹介

建築専門学校を選ぶときにチェックしておきたいのが就職率。建築業界で活躍できるかどうかは、学校がもつ業界とのパイプの太さにあるといっても過言ではありません。パイプの太さとは、学校の卒業生が卒業後に各建築・建設業界に入り、そこで築き上げた信頼関係のこと、と考えてもらえればよいでしょう。その意味で、学校の歴史が長く、卒業生が多く業界で活躍している建築専門学校は業界とのパイプが太いといえます。

浅野工学専門学校(横浜 新子安駅)

浅野工学専門学校サイトキャプチャ
引用元:浅野工学専門学校公式サイト(http://www.asano.ac.jp/)

就職率
  • 100%(2016年3月卒業・就職希望者)
  • 卒業生が建設業界、建築関連の企業で役職に付いている方々が多く、その卒業生達が築き上げた信頼関係のなかで就職支援をしてもらえる。
  • 創立以来つづいているインターンシップ(職場実習)のなかで、就職内定が決まることが多くある。
  • 就職氷河期の時代でも100%を維持していた実績あり
浅野工学専門学校のHPで
就職実績を見る
コース概要
  • 建築工学科4年制/地震や環境に関する講義が充実していて、修了時に高度専門士の称号を得て大学院入学資格も付与
  • 建築デザイン科2年制/卒業時に二級建築士の受験資格を取得でき、耐震性能やユニバーサルデザインも含めた建築意匠設計を学ぶ
学校の特徴
  • インターンで行った企業への就職実績も豊富
    →設計事務所(株式会社協和建築積算事務所、株式会社窓建コンサルタント)や総合建設業(株式会社門倉組、ジェクト株式会社、馬淵建設株式会社)など(2015年実績)
  • 1クラスの人数を20~40名程度と、あえて抑えて密度濃くきめ細やかな指導が受けられる(大学や専門学校では60名以上の大人数で講義・授業を行うことが多い)
  • 明治のセメント王が創設した建築系専門学校のパイオニア
  • 開校以来90年近い歴史をもつ伝統校
  • 初年度学費が最大275,000円免除される学費軽減支援制度あり
所在地 神奈川県横浜市神奈川区子安台1-3-1

読売理工医療福祉専門学校(田町駅・三田駅)

読売理工医療福祉専門学校サイトキャプチャ
引用元:読売理工医療福祉専門学校公式サイト(http://www.yomiuririkou.ac.jp/index.html)

就職率
  • 100%(2016年3月卒業・就職希望者)
  • 2016年3月の卒業生実績で、建築系学科全体の求人数は506件
読売理工医療福祉専門学校のHPで
就職実績を見る
コース概要
  • 建築学科2年制(昼間)/少人数制のマンツーマンに近い指導で、2年次からはインテリア・設計と施工の2コース別授業もあり
  • 建築家2年制(夜間)/建築学科と同じく建築・デザインを学ぶ夜間コース
  • 建築士専攻科/二級建築士行革を目指す受験対策指導コース、CAD利用技術者や二級建築施工管理技士の取得も可能
学校の特徴
  • 2年で二級建築士の受験資格を取得
  • 先生は全員現役プロの一級建築士
  • 実践・実務を重視した授業で資格取得と就職に強い
  • 介護福祉学科との連携で福祉住環境コーディネーターも目指せる
所在地 東京都港区芝5-26-16

青山製図専門学校(渋谷駅)

青山製図専門学校公式サイトキャプチャ
引用元:青山製図専門学校公式サイト(http://www.aoyamaseizu.ac.jp/)

就職率
  • 100%(2016年度・就職希望者 ※昼間部のみ)
  • 2016年の卒業生実績で、業種別では建築会社が36.6%、建築事務所が25%
青山製図専門学校のHPで
就職実績を見る
コース概要
  • 建築学部建築工学科3年制/建物、都市計画、ランドスケープを学ぶコースで、カリキュラムはインターンシップ、CAD、CGによる実践プレゼンなど
  • 建築学部建築設計デザイン科3年制/2年次からの選択で、意匠デザイン主体の建築デザインコースか環境デザインコースを選択
  • 建築学部住宅設計デザイン科2年制/設計やメンテナンスに対応できる住宅デザイナーを目指すコースで、カリキュラムは住宅バリアフリー概論や建築BIM演習など
学校の特徴
  • 1977年開校で建築系専門学校の老舗的存在
  • すべての学科が一・二級建築士の受験資格認定で専門士になれる
  • 3年間じっくり建築の勉強に専念できる学科あり
所在地 東京都渋谷区鶯谷町7-9(1号館)
東京都渋谷区桜丘町4-6(3号館)

歴史のある建築専門学校は就職率が高い

専門学校から建築業界へスムーズに就職するためには、学校がもつパイプの太さが重要です。そこで注目したいのが、専門学校の歴史の長さ。

建築業界に顔が利くかどうかは、学校を卒業したOB・OGによって広がります。歴史のある建築専門学校は、それだけ建築業界にいるOG・OBの数が多いため、太いパイプをもっている可能性が高いのです。そのため、歴史の長い専門学校は就職率が高い傾向にあります。長くつづいてきたということはそれだけ生徒や保護者から支持されてきたという実績でもあるので、カリキュラムの質にも期待できるでしょう。

就職率で専門学校を選ぶなら、古い歴史をもつ専門学校を基準にして選んでみるのがおすすめです。

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)
読売式教育方法

就職率100% 1年あたりの学費108万円

読売理工医療福祉専門学校
公式サイト

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)
横浜で本物を学ぶ

就職率100% 1年あたりの学費
※学費負担軽減制度が充実103万7,305円

浅野工学専門学校
公式サイト

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)
基礎知識を丁寧に

就職率100% 1年あたりの学費111万600円

青山製図専門学校
公式サイト

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング