HOME » 建築系の専門学校なんでも質問箱 » どんな仕事があるのか?

どんな仕事があるのか?

建築業界には、どういった仕事があるのか具体的に紹介していきます。

職種によって役割は様々

建物に携わる仕事といえば、どういった仕事があるでしょうか。

一般的には、設計図を書きあげたり、鉄骨を組むようなイメージがありますよね。

しかし、建築関連の仕事といっても、その職種は多岐に渡ります。建設現場を管理する役割から、内装を考える役割までさまざまです。

種類と仕事内容

建築業界における職種の名称と、その内容を紹介します。

建築士

依頼主の家族構成をはじめとする情報を聞き、希望の間取りデザインに至るまで詳しく話し合います。それらを反映させた設計はもちろん、工事現場の監督まで一貫して行う仕事です。

模型や設計図を作るための技術や、建物に関する法律の知識が必要になります。依頼主の要望を深く聞き入れ、叶えるためのコミュニケーション能力も欠かせません。

インテリアコーディネーター

内装に関する仕事です。

依頼主が新しく家を建てたり、リフォームする際に、要望に合わせた的確なアドバイスをします。

人が生活する空間をデザインするので、色彩や明暗のつけ方など、知識とセンスが問われる仕事と言えます。

商業施設士

百貨店スーパーをはじめとした、商業施設の企画や構成をする仕事です。

安心、安全であること、素敵だと思える、顧客の購買意欲をそそるような空間をプロデュースするための感性や知識が必要です。

取り扱う商品の種類や、時代によって変化するトレンドニーズにも幅広い視野を持つことが大切な仕事です。

それぞれの専門知識を学ぶために

建築の仕事にはさまざまな種類があります。

建物自体をつくるのはもちろん、生活するための空間を考える役割など多岐にわたります。

それぞれの職種を目指すためには、やはり建築系の専門学校に通う事をおすすめします。
やりたい仕事によってコースが分かれているところも多く、夢を叶えるための支えとなってくれるはずです。