HOME » 建築系の専門学校なんでも質問箱 » 資格の取得についてもっと知りたい!

資格の取得についてもっと知りたい!

建築に関する資格の試験に関する疑問に答えていきます。

職種によって異なる資格

建築業界の仕事には、施工管理や設計、デザイナーなどたくさんのジャンルがあります。それぞれが更に細かく枝分かれし、異なる役割を担っているのです。

それに比例して、専門的な資格の多さもかなりのものとなっています。

種類等級によって難易度もそれぞれ異なっているので、ここではその一部をご紹介します。

1級建築士

建築系資格の中でも最難関レベルと言われており、2年以上の実務経験が必要であったりとかなりハイレベルな資格です。その分需要も多く、これさえあれば就職や転職には困らないとされています。

コンクリート診断士

こちらも難関な資格として有名です。

コンクリートの調査方法から補修、補強方法までを網羅したコンクリートに関するプロフェッショナルになるために必要です。受験には診断士講習会を受講することが必須条件となっています。

2級建築士

1級に比べると、試験内容としてはそれほど難しくないとされます。

大学や専門学校の建築課程を卒業すれば受験資格が手に入るので、1級建築士を目指すなら取得を目指すべき資格です。

こちらは1級建築士と比べて、扱える建造物の規模が小さくなります。

インテリアコーディネーター

内装の空間をデザインする仕事です。

資格が無くてもデザインの仕事自体には携われますが、有無によって就職率に差が出ます。

インテリア系の職種を目指すなら取っておきたい資格です。

建築施工管理技士

こちらは、現場監督管理者として働きたい人が取得するべき資格です。

建築施工管理技士とは、その名の通り管理するための役職です。

主に建築資材の確保や人員のシフト管理、工程にかかるスケジュール管理や工員の安全管理といった作業が主な仕事内容です。

現場の司令塔であり、縁の下の力持ちとして活躍します。管理技師が優れていればいるほど現場のモチベーションや作業は円滑に進むため、非常に重宝されます。

資格には1級と2級があり、大規模な工事の監督をしたい場合は1級の取得が必須とされます。

管理作業が好きな人におすすめできるお仕事といえます。

建築設備士

建築設備士は、建物を住みよくするために必要な存在です。水道、空調、電気、ガスなど生活に必要な設備の設計、工事を行います。

なお、上記の建築施工管理技士と建築設備士の資格は国家資格であり、取得難易度は高めとなっています。

また、建築士と同じく等級があり、2級の場合は実務経験が不要ですが1級の場合は4年間の実務経験が必要となります。

さらに、5年以上の実務経験と1級建築士の資格を取得すると、設備設計1級建築士の講習を受けることができます。

資格取得するために

資格取得のためには、まず勉強時間の確保」が第一です。

勉強するための時間をまず確保しなければ知識を学ぶこともできず、どうにもなりません。

また「空いている時間にすればいいか」というのは非常に危ういです。

仕事をしながらの勉強というのは、スケジュールに狂いが生じやすいからです。できるだけきちんとスケジュールを決めて行いましょう。

難易度の高い試験であればあるほど、どれだけ勉強に時間を使ったかがポイントになります。

多くの時間をきちんと勉学に当てることで自信につながり、試験当日でも実力をフルに発揮できるようになるのです。

資格の取得を目指すには

将来建築業界で働きたいという夢があり、資格の取得を目指すのであれば、専門学校への入学をおすすめします。

資格を取るだけであれば通信教育や資格学校等の選択肢もあります。

しかし、専門学校には実践的な経験が積める実習科目や、企業とのコネクション等のメリットがあります。

専門学校でしっかりとした知識スキルを身に付け就職することは、実務経験が必要な1級建築士への第一歩ともなります。

専門学校に通うことで、必然的に勉強する時間を作ることができ、上記した時間の確保につながります。さらに、個人での勉強より質が高い勉強が可能になります。

加えて、資格取得のための対策がカリキュラムとして含まれている他の就職や転職情報も入手しやすいため、上記の仕事に就きたい場合より大きな力となってくれます。

求人には無資格でも就職できる企業もありますが、資格を有していたほうがより求人の幅が広がる他、給与にもプラスされることが多いです。

建築の道を志すのであれば、是非とも専門学校を検討しましょう。

ダブルライセンスがおすすめ

建築士の資格を持つだけでも、十分通用する専門資格です。

しかし、仕事上役に立つ資格をプラスアルファするダブルライセンスを持っておくと、さらに仕事の幅を広げることができるでしょう。

プラスアルファが求められるのは、どこの職場でも同じです。

転職の際にも使えるのでアピールポイントを増やすためにも、建築の仕事に関連する資格を取得しておきましょう。

ダブルライセンスの取得例・活用

  • 福祉住環境コーディネーターをプラス:バリアフリー住宅の提案ができる
  • インテリアコーディネーターをプラス:住宅のトータルコーディネートが可能

やみくもに2種類の資格を取得していても、必要な資格と考えられなければアピールポイントにはつながりません。

建築業界を目指すのであれば、上記の例のように建築と関連のある資格を選び相乗効果が生まれるようにしておきましょう、

2つ目に取るなら”インテリア系”の資格

建築において、より建築物や内装を魅力的に見せるインテリアは重要なポイントです。ここでは、建築士の資格とあわせて取得するのにおすすめの「インテリア系の資格」を紹介します。

設計・建築だけでなく、トータルコーディネートができると、より強いアピールポイントになりますよ。では、どういった資格があるのか見てみましょう。

  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー
  • 照明コンサルタント
  • キッチンスペシャリスト
  • マンションリフォームマネージャー
  • 福祉住環境コーディネーター

インテリア系資格ではどういったことができる?

【インテリアコーディネーター】

壁材・床材などのインテリアに対して深い知識を持つことを証明する資格。

モデルルームのコーディネートや、平面図作成、居住空間についてのアドバイスを行うことができます。

【インテリアプランナー】

住居の居住性やライフスタイル、生活レベルなどでのインテリア商品選択や構成などのプランニングを行う能力を証明する資格。

内装・照明などの室内空間のデザイン・規格、図面作成、管理業務などを行うことができます。

【照明コンサルタント】

照明の基礎・照明器具のスペシャリストであることを証明する資格。

店舗やハウジングメーカー・照明メーカー・設計事務所で照明の計算や配置・設置などのアドバイスや環境作りを行うことが可能です。

【キッチンスペシャリスト】

キッチンの各種設備機器について電気、水道・ガス・設計上の知識をいかし、キッチン空間の構成・設計ができる能力を証明する資格。

キッチンに関する設備やインテリアなどの販売・設計・施工などを行うことができます。

【マンションリフォームマネージャー】

付加価値の高いマンションリフォームを行うための知識を証明する資格。

マンションのリフォーム企画、施工、マネージメント、見積もり、調査などができるようになります。

【福祉住環境コーディネーター】

バリアフリーなど、住宅に福祉系の設備を取り入れた家のデザインを行うことができる資格。

個々にあわせて、住宅改修の必要性を証明する証明書などを作成できます。

インテリア系の資格、どうやって取得する?

建築士の資格とあわせて取得したい資格が、インテリアプランナーとインテリアコーディネーターです。

建築士の資格をまだ取得していない場合は、同時に取得できるようにインテリア系の資格カリキュラムをカバーしている専門学校に通うと良いでしょう。

インテリアプランナー

インテリアプランナーの通信講座はありません。

そのため、専門書を読みながら独学するか、インテリアプランナー協会が主催する講習会などに参加して勉強することになります。専門書の数も少ないので、講習会を利用した方が良いでしょう。

学習する壁は高めですが、建築士の資格を持っていれば、インテリア関係の実務経験がなくてもプランナーに登録できるというメリットもあります。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの資格は、学歴や実務経験に関係なくどなたでも受験できます

そのため、参考書や通信講座も多いです。ポイントをおさえて学習すれば、独学でも受かる可能性があります。