HOME » 建築系の専門学校なんでも質問箱 » 建築業界への就職を目指すために知っておきたいこと

建築業界への就職を目指すために知っておきたいこと

建築業界への就職について説明しています。

専門的な知識が求められる業界

建築業界には様々な職種があります。

現場で物資を運ぶなどの仕事を除けば、専門的知識スキルを身に付けた人材が求められます。

自分のなりたい職種にあった知識を身に付けることがポイントです。

幅広い選択肢

住宅メーカー、リフォーム会社、ゼネコンへの就職が一般的です。

最近は震災の復興、東京オリンピックの開催等を見越して古いビルの建て替えなども頻発している状況です。
規模においても、住宅から巨大なビルの建設まで幅広いものがあります。

建築士の資格があれば建築設計事務所といったより専門的な仕事ができるようになります。
公務員試験の合格が必要ですが、教師研究者官公庁職員になることも可能です。

独立という道

建築業界では、建築士インテリアコーディネーターといった専門的な知識を持った職種の方々が活躍しています。

企業に所属して働いている方がほとんどですが、より個性的な仕事がしたいのであれば、独立することも可能です。
ただし、独立するにしても、一度は企業に就職して経験技術を積んだほうがいいでしょう。

なりたい自分になる為に

建築業界にはそれ相応の知識技術が求められます。

当サイトでは建築系専門学校への入学を強くおすすめします。
専門学校には、通信制教育や独学では得られないメリットがたくさんあります。
実習で経験を培ったり、先生に直接質問したりできるので、自分の夢を叶える近道であると言えます。