HOME » 建築系の専門学校なんでも質問箱 » 入学から就職までの流れは?

入学から就職までの流れは?

建築系の専門学校に入学するところから、就職までの流れを説明しています。

就職までの道のり

入学してから就職に至るまでの、主な流れとその内容について個別に説明していきます。

入学

オープンキャンパスや、説明会への参加を経て入学します。

筆記試験や面接試験の他に、建築系の専門学校ではデッサン工作の試験がある場合があります。

授業と実習

基本的には大学生と同じように授業実習を重ねていきます。

内容としては、大学よりも専門的、かつ実践的なことを学んでいきます。
また、在学中の資格取得に力を入れたカリキュラムが組まれているところが多い傾向にあります。

インターンシップ

実際に業界へ飛び込み、現場で仕事をします。

自分の適性目標がよりハッキリとわかる貴重な経験ができます。

歴史が長い専門学校は、その分独自の広いネットワークを形成している場合が多く、幅広い企業へのインターンシップが可能となります。

就職活動

いよいよ就職活動に臨みます。

これまで培ってきた知識経験、取得した資格を企業にアピールし、希望する職業を目指します。

就職

就職活動に成功すると、晴れて建築業界の明日を担う一員としての生活が始まります。中には、大学院への進学をする人もいます。

全体の流れとしては以上になります。

授業や実習の内容、細かいカリキュラムにおいては学校によって異なるところがあるので事前の確認を怠らないようにしましょう。

一部の専門学校では、実際の企業の人事課に所属する方を招いて、より実践的な模擬面接アドバイスを行っているところもあります。