HOME » 建築系の専門学校なんでも質問箱 » 費用はどれくらいかかるのか?

費用はどれくらいかかるのか?

建築の専門学校について、費用面から説明します。

学校によって異なる費用

かかる費用は学校によって異なります。例として3校の1年次の学費を具体的に紹介します。

浅野工学専門学校(建築デザイン科、2年制)

  • 入学金:200,000円
  • 授業料:前期275,000円 後期275,000円
  • 実験・実習費:前期30,000円 後期30,000円 
  • 施設・設備費:前期95,000円 後期95,000円
  • 維持費:前期40,000円 後期40,000円

1年次学費:1,0800,00円 ※諸経費・教材費別

読売理工医療福祉専門学校(建築学科、2年制)

  • 入学金:170,000円
  • 授業料:前期255,000円 後期255,000円
  • 施設費:前期145,000円 後期140,000円
  • 実習費:前期90,000円 後期90,000円

1年次学費:1,150,000円 ※諸経費別

青山製図専門学校(建築設計デザイン化、2年制)

  • 入学金:240,000円
  • 授業料:前期383,500円 後期383,500円
  • 施設設備維持費:223,600円

1年次学費:1,230,600円 ※教材費別

入学金を差し引いてもどこも毎年約100万円近い金額がかかります。
月割りでの学費納入制度を設けている学校もあるので、不安な方は一度問い合わせてみましょう。

さまざまな制度の存在

日本には奨学金という制度があります。

日本学生支援機構は専修学校(専門学校)向けにも奨学金の貸与を行っています。
こういった制度は返済が必要なので、卒業して就職した後に金銭的な負担となってしまいます。

しかし、学校によって受けられる学費サポート制度によって最終的に必要な金額が変わります

一部の専門学校では、条件を満たす学生に対して、学費を免除する制度を設けています。
このような学費のサポート制度を有効に活用して、少しでも金銭的な負担を減らしましょう。

当サイトのランキングでも高い評価をつけた、浅野工学専門学校では、指定の出願区分であれば初年度の授業料が一部免除されます

ほかにも、学校推薦や指定校推薦の場合、入学金が半額になります。

これらを利用することで最大342,000円もの金額が免除になるという制度が用意されています。
学費サポート制度があるかどうかで費用に大きな差が出るので、専門学校を選ぶ際には見逃せないポイントとなります。