HOME » 建築系専門学校の豆知識 » 大学編入でより知識を深めよう

大学編入でより知識を深めよう

大学編入という手段を選べば、より高度な知識を身に付けられ、一級建築士の受験資格である実務経験をクリアすることもできます。

大学編入なら難関の一級建築士取得も夢じゃない!

専門学校などで建築を学んでいる学生は全国に数多くいますが、大学への編入を行うことで、より将来への展望を開くことができます。大学では専門学校に比べてより高度な内容を学習できるため、建築業界の現場で働く際、その知識が大いに役立つことでしょう。

また、建築士の資格を取得する際も、大学を卒業していれば2級建築士であれば実務経験なしで受験可能。さらに、一級建築士の受験資格も、大学卒業者なら、最も短い実務経験で受験資格を得られます。知識の取得はもちろん、資格の取得でも有利となるわけです。

専門学校から大学編入までの道のり

具体的な大学編入の流れは以下の通り。私立の工学系大学や理科大学では、編入生受け入れを多く行っているので、自分に合った大学を事前に選んでおくと良いですね。

  1. 専門学校での過程を修了させる
    専門学校で所定の課程をしっかりと修了する必要があります。
  2. 大学編入試験に合格する
    大学編入をするためには、各大学が実施する編入試験に合格する必要があります。試験内容は机上の試験のほか、面接試験が行われることも多いので、しっかりと対策をしておきたいところです。

編入試験に合格すると、その大学の3年生からの編入生として受け入れられることが一般的です。現役でその大学に入学して留年せずに進学したケースの人たちと同年代ということになりますね。

大学編入に有利な専門学校を見極めよう

専門学校によっては大学編入に強いコネクションを持っていたり、多くの実績がある学校もあります。編入実績のある具体的な大学名を公表しているところもあるので、編入先にこだわりがあるなら参考にすると良いでしょう。

編入学を推奨している学校では、試験対策の講習会を行ってくれるところもありますので、将来的に大学編入するか迷っている人も、そのような学校を選んでおくと、将来の選択の幅が広がりますよ。