建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築専門学校 卒業後の進路・将来性 » 入学から就職までの流れは?

入学から就職までの流れは?

建築系の専門学校に入学するところから、就職までの流れを説明しています。

就職までの道のり

入学してから就職に至るまでの、主な流れとその内容について個別に説明していきます。

入学

オープンキャンパスや、説明会への参加を経て自分が行きたい専門学校を選択。

志望する学校に出願すると書類審査が行われます。審査の基準は学校によって異なりますが、基本的には在籍していた学校の調査書を審査するようです。

学校によっては、書類審査と並行して面接試験が行われます。入学審査において筆記試験やデッサン・工作の試験を行っているところもありますが、建築専門学校のほとんどは書類審査と面接試験が入学審査の中心。面接では建築を学びたいという強い思いをしっかり面接官に伝えましょう。

授業と実習

基本的には大学生と同じように授業や実習を重ねていきます。

内容としては、大学よりも専門的、かつ実践的なことを学んでいきます。

また、在学中の資格取得に力を入れたカリキュラムが組まれているところが多い傾向にあります。

インターンシップ

実際に業界へ飛び込み、現場で仕事をします。

自分の適性目標がよりハッキリとわかる貴重な経験ができます。

歴史が長い専門学校は、その分独自の広いネットワークを形成している場合が多く、幅広い企業へのインターンシップが可能となります。

就職活動

いよいよ就職活動に臨みます。

これまで培ってきた知識経験、取得した資格を企業にアピールし、希望する職業を目指します。

専門学校によっては就活をサポートしてくれるところも。会社訪問や面接など、1人では不安な場面で間に入ってくれるスタッフがいる専門学校もあります。

就職

就職活動に成功すると、晴れて建築業界の明日を担う一員としての生活が始まります。中には、大学院への進学をする人もいます。

全体の流れとしては以上になります。

授業や実習の内容、細かいカリキュラムにおいては学校によって異なるところがあるので事前の確認を怠らないようにしましょう。

一部の専門学校では、実際の企業の人事課に所属する方を招いて、より実践的な模擬面接アドバイスを行っているところもあります。

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング