建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 評判で選んだ専門学校カタログ(建築編) » CAD製図専門学校

CAD製図専門学校

ここでは独自の学費支援制度を用意しているCAD製図専門学校をリサーチ。建築系コースの特徴や学費、学生・OBからの評判等を掲載しています。

CAD製図専門学校の特徴をチェック!

CAD製図専門学校の特徴は以下の7つです。

CAD製図専門学校公式サイトキャプチャ
引用元:CAD製図専門学校公式サイト(https://www.cadseizu.ac.jp/)

CAD製図専門学校のオープンキャンパスをチェック!

開催日程・時間

2019年度

2020年度

基本的に土曜日に開催されるようです。

ちなみにオープンキャンパスへの参加予約は公式ホームページ上から行えます。

CAD製図専門学校の入試・出願情報(スケジュール、入試方法、推薦情報)

CAD製図専門学校の入試や出願に関するスケジュール等をチェックしてみました。

願書入手方法

願書は足を運んでの入手とホームページの資料請求フォームからの郵送による入手が可能です。足を運んで入手する場合は、平日の午前9時から午後5時までとなっています。

願書提出方法

郵送と持参の二種類の提出方法があります。郵送の場合は所定の封筒を使用し、書留便を使用します。持参の場合、平日の午前9時から午後5時までに出願が可能です。

郵送の場合は、試験日程や受験票が郵送で返送されます。持参の場合、試験日程・受験票を交付します。

募集定員

募集期間

10月1より募集開始。定員に達し次第締め切ります。

選考方法

一般入学:提出された順に小論文と面接を実施。※小論文のテーマや日程等は学校側が指定します。

入学検定料

推薦について

2020年度入学生については、推薦制度は行われていないようです。

併願情報

併願を希望している場合、学校指定の併願届に必要事項を記入し、願書と一緒に提出します。

併願先に合格した場合入学金以外の納付金は返還。ただし、届け出た併願先のみで、それ以外の大学や短大に合格した場合にはそれらは認められません。また、併願として認められているのは大学や短大のみです。

AO入試について

CAD製図専門学校ではAO入試は行われていないようです。

まとめ

募集店員に到達次第選考が終了となりますので、入学を考えている方は早めの決断が求められます。併願も可能ではありますが、あくまでも大学や短大との併願になりますので、専門学校選びで迷っている場合には、ある程度迅速な決断・判断をしましょう。

建築関連コースの概要と学費

CAD製図専門学校に用意されているコースは以下になります。

コース名 特徴
CAD製図科建築コース CADだけではなく、CGも学べる
時代の多彩な変化に柔軟に対応できるカリキュラム
建築士、施工管理、盛業設計まで様々な道が見える
CAD製図科II部 夜間なので社会人でも通える
昼の部に比べて授業料が若干安い

就職実績

CAD製図専門学校を卒業した学生たちがどのような進路に進んだのか、ホームページには記載がありませんでした。

学生からの口コミ評判

資格取得支援サポート

在学中に商業施設士補資格を取得可能

在学中鵜に商業施設士補資格を取得可能なので、卒業してからの進路の幅が広いです。

卒業後実務2年で一級建築士が受験可能

卒業後、実務2年で一級建築士の受験が可能になる点もCAD製図専門学校の魅力です。

取得可能な資格

在学中に取得可能な資格

このように、在学中に取得可能な資格は多々あります。

卒業後に取得可能な資格

実務経験が必要なものですが、CAD製図専門学校での授業を礎に自分の経験次第でこれらの資格取得も可能です。

就職サポート

個別就職相談

就職に関しても力を入れているのがCAD製図専門学校です。小人数制の授業を展開しているのは効率の良い学習はもちろんですが、講師側が生徒の個性を把握するためでもあります。また、授業だけではなく学校行事も多々用意されているのも、就職の際の講師と生徒のコミュニケーションの重要性を理解しているからこそ。生徒の個性を把握した上で、成績・価値観等に合わせた就職を手引きしてくれることでしょう。

学校の理念である「ひとに勧められる、人を育てる学校」は、就職という点においても意識されていますので、生徒を就職までしっかりと導いてくれはずです。その証拠に、CAD製図専門学校は学生数が5年間で倍増しています。建築業界は人手不足です。売り手市場となっているため、CAD製図専門学校では就職率も高水準を維持しているようです。

就職ガイダンス・企業説明会

就職ガイダンスや企業説明会について、どのような形で行われているのかは残念ながら公式ホームページには記載がありません。気になる方は直接問い合わせてみてはいかがでしょうか。

就職情報サイト活用講座

CAD製図専門学校がどのような形で就職情報サイトを活用しているのか、公式ホームページには記載がありませんでした。しかし建設業界の現状やOBたちの状況を考えると、こちらに関しても何らかの形で積極的に行っていることが予想されます。

学校概要

管理人からのヒトコト!

CADに力を入れているCAD製図専門学校。「CAD」という分かりやすいテーマがあるから、「何となく学校に入って興味を持てるジャンルを探す」ではなく、「CADを使って」というテーマが明確にある人にぴったりの学校。駅からも近く、駅周辺には様々な施設もあるので利便性が高い点もポイントの学校です。年々定員を増やしていることから、人気のある専門学校と言えるでしょう。少しでもCADに興味がある方は、一度お話しを聞いてみてはいかがでしょうか。

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング