建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 評判で選んだ専門学校カタログ(建築編) » 青山製図専門学校

青山製図専門学校

インテリア&建築のプロを養成する、東京・渋谷の青山製図専門学校を調べました。コース内容や学費、生徒からの評判などをまとめています。

青山製図専門学校の特徴をチェック!

青山製図専門学校の特徴は以下の6つです。

青山製図専門学校公式サイトキャプチャ
引用元:青山製図専門学校公式サイト(http: http://www.aoyamaseizu.ac.jp/)

建築関連コースの概要と学費

青山製図専門学校でおすすめのコースは以下をご覧ください。

コース名 特徴 学費
建築学部
建築工学科
3年制
一級・二級建築士受験認定学科
職業実践専門課程認定学科
建物、都市計画、ランドスケープを学ぶ
カリキュラムはインターンシップ、CAD、CGによる実践プレゼンなど
卒業年に二級建築士資格が受験可能
3年間合計
3,211,800円
建築学部
建築設計デザイン科
2年制
一級・二級建築士受験認定学科
2年次から建築デザインコースか環境デザインコースを選択
建築デザインコースでは意匠デザインを幅広く学習
環境デザインコースは環境デザインやリノベーション設計など学習
卒業年に二級建築士資格が受験可能
2年間合計
2,221,200円

ほかに建築学部には夜間2年制の建築科があり、インテリア学部にも3年制・2年制・夜間と学びやすいコースのバリエーションが揃えられています。また、同校には在学中に二級建築士を目指せるコースとして1年制の建築設計研究科があり、同校卒業生なら入学金は免除です。

建築工学科と建築設計デザイン科の魅力、カリキュラム

建築工学科

建築工学科の魅力
3年間のカリキュラム

普通科卒業の人や文系の人でも学べるよう、建築の基本から学びます。1年次に構造力学や建築計画、建築法規といった基礎知識を身につけ、より専門的な内容を学ぶ2年次・3年次への基礎を固めます。

また、実技では製図の作成方法などの基本的なことから学んでいきます。建築CADの操作方法などを学び、小規模~中規模の建物の設計方法を身につけます。

1年次の目標は福祉住環境コーディネーター3級を取得すること。基礎的な知識を身につけながら、資格取得を目指しましょう。

2年次からは、1年次での基礎を踏まえ、大規模建築物の設計について知識・技術を学びます。

設計理論と工事監理といった実践的な理論のほか、習得したCADやCG技術を駆使した設計技法を身につけるのです。

また、2年次には2週間のインターンシップを行います。建築設計事務所や建築会社の設計部などで、現場での空気感や実際の仕事の流れといったものを肌で感じることができるでしょう。

3年次からは、1年次・2年次で培った知識のさらに発展的理論を学びます。建築設計の知識と技術を元に、都市計画による手法を学ぶことができるのです。

また、3年次から2級建築士取得のための講座が受けられるため、資格取得のための受験対策もしっかりサポートしてくれます。

卒業試験では、選択した設計課題に関してどのように設計するべきか、詳しく研究しながら取り組むことができるでしょう。

1年次~2年次は建築設計に必要な知識を集中的に学びますが、3年次はビジネス実務や英会話、社会人教育といった卒業後に関わることも学びます。

建築設計デザイン科

建築設計デザイン科の魅力
2年間のカリキュラム

建築に関する知識がない人でも学べるよう、基礎的な知識からしっかりと学習できます。

特に建築法規や構造力学といった、建築デザインを学ぶうえで避けては通れない内容をわかりやすく学べます。

さらに建築史から過去から現代までの建築デザインの変遷を知ることで、歴史によって移り変わる建物の機能性・意匠性を深く学べるでしょう。

また、集合住宅やビルなどの建築設計を中心に、CADを使っての専門的な実技も行います。

2年次には、意匠デザイン中心に学ぶ「建築デザインコース」と、エコロジーに貢献できるデザイン・設備について深く研究する「環境デザインコース」のどちらかを選択できます。

建築デザインコースでは、建築工学において特に意匠設計を重点的に学ぶコースです。

建築計画や建築法規、建築構造力学といった1年次に習った範囲をさらに深く学びながら、施工や積算などの就職先で用いるであろう実践的な知識についても学んでいきます。

実技ではCADを用いた建築設計を行いますが、1年次との違いは公共建築物の設計を行うこと。

住宅とは違い、集客を目的とする公共建築物はデザイン性がより重視されるため、建物の機能性や安全性だけでなく、高いデザインセンスも要求されます。

建築工学科とは違い、2年で卒業することとなるため、卒業制作に備えて1年次から知識や技術をしっかりと蓄えましょう。

環境デザインコースでは、エコデザイン及び省エネ・環境負荷を抑える建築設備について学ぶことができます。

建築デザインコースと同じく、意匠設計を重点的に学びますが、このコースでは世間でも関心の高いエコロジーに関わるデザインについて深く知ることができるでしょう。

省エネ効果の高い設備やシステムの知識とその導入効果について学ぶほか、建物の資材や塗料などの環境負荷、原料使用量の削減向けた研究など、1年次には学べなかった専門的な内容を詳しく学習することができるでしょう。

実技では、CADを使ったエコデザインのほか、最近需要が高いリノベーションの設計を行い、より実践的な技術力を獲得できます。

ココが違う!青山製図専門学校の注目ポイント

学校の雰囲気は?

講師が親身に指導をしてくれます。

少人数クラス制なので、生徒一人ひとりにきめ細かい指導もしてくれるでしょう。クラス担任制なので、勉強以外の悩みについても相談できます。

どんなことを学べる?

建築設計に関する専門的な知識と技術を学べます。

CADやCGを用いてプレゼンテーション技法やインテリア設計、福祉住環境計画、都市計画などを学べるなど、大学4年間に匹敵するレベルの幅広い知識を学べます。

また、CAD設計を用いた木造や鉄筋設計・中小規模建築物・大規模公共建築物や都市計画といった、実践重視の設計演習が学べるのも特色です。

学内でのイベントは?

インターンシップでの職業体験等。

主に取れる資格は?

国家資格:1級建築士(実務4年)・2級建築士・1級建築施工管理技師(実務5年)・2級建築施工管理技師(実務2年)・木造建築士・建築整備士・1級管工事施工管理技士(実務5年)・2級管工事施工管理技士(実務2年)

その他資格:インテリアプランナー・CAD利用技術者試験・福祉住環境コーディネーター検定試験・インテリアコーディネーター・カラーコーディネーター検定試験・商業施設士・1級インテリア設計士・2級インテリア設計士

どんな人にオススメできる?

就職実績

就職実績100%(2016年度・就職希望者 ※昼間部のみ)。2016年の卒業生実績で、業種別では建築会社が36.6%、建築事務所が25%。

具体的な就職先

建設会社・ハウスメーカー

(株)アイダ設計、(株)アキュラホーム、(株)飯田産業、住友不動産(株)、住友林業ホームエンジニアリング(株)、大東建託(株)、松井建設(株)、(株)松尾工務店

建築設計事務所

(株)アルモ設計、(株)sai総合企画、(株)匠設計コンサルタント、(株)丸川建築設計事務所

設備・リフォーム会社

(株)インテリック空間設計、大橋エアシステム(株)、三機工業(株)、(株)雄電社、(株)リフォームキュー

店舗・インテリア会社

(株)C・P・O設計、(株)スペース、(株)住之江工芸、(株)清和ビジネス、(株)丸井グループ

※2017年3月卒業生の主な就職先

就職先業種比率

学生からの口コミ評判

資格取得支援サポート

二級建築士取得をサポート

青山製図専門学校では昼間・夜間問わずすべての学科で、卒業後に2級建築士の受験資格が認定されます。また、すでに2級建築士の受験資格を持っている人は1年制の「建築設計研究科」で学ぶことができ、在学中の二級建築士資格取得が目指せます。

一級建築士受験認定校

青山製図専門学校は一級建築士受験認定校に定められています。建築学部の3年コースなら卒業後3年間実務を経験すると1級建築士の受験が可能に。建築学部2年コースは卒業後実務4年で、インテリア学部3年コースは卒業後実務3年で1級建築士資格試験が受験できます。

取得可能な資格

在学中に取得可能な資格

卒業後に取得可能な資格

就職サポート

就職課が就活サポート

就職課が建築関係の企業に直接連絡をとり、就活を助けてくれるので、学生自身が企業説明会や採用試験に申込む必要はありません。就職課のスタッフは担任とも情報を共有しているので、学生の希望や学習状況、将来性などをしっかり把握してサポートしてくれます。先輩たちが会社訪問したり採用試験を受けたりしたときの活動報告書が残されており、在校生はいつでも閲覧可能。気になる企業の情報があればチェックしておくと採用試験対策になりますよ。

学校概要

管理人からのヒトコト!

青山製図専門学校ではクラス担任と保護者たちが毎年保護者会を開催しています。建築という分野に関して知識がない親御さんはお子さんの学習や就職に関する情報が気になるところですが、保護者会でしっかり説明してもらえるなら安心できそうですね。

3年かけてみっちり建築を学ぶ建築学部建築工学科3年コースは文系理系を問わず初心者でも一級建築士が目指せるコース。建築に関する知識だけでなく、自分のイメージした建築物を人に伝えるためのプレゼンテーション技術も学べます。実際に建築の仕事をするうえで必要なスキルが身に着けられるのはありがたいですね。

卒業後に建築業界で活躍できる専門学校をチェック>>

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)
読売式教育方法

就職率100% 1年あたりの学費108万円

読売理工医療福祉専門学校
公式サイト

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)
横浜で本物を学ぶ

就職率100% 1年あたりの学費
※学費負担軽減制度が充実103万7,305円

浅野工学専門学校
公式サイト

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)
基礎知識を丁寧に

就職率100% 1年あたりの学費111万600円

青山製図専門学校
公式サイト

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング