建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士になるには?夢を叶える基礎知識 » 大学編入でより知識を深めよう

大学編入でより知識を深めよう

大学編入をするとより高度な知識を身に付けられ、一級建築士の受験資格である実務経験をクリアすることもできます。

大学編入なら難関の一級建築士取得が可能

専門学校で建築を学んでいる学生は全国に数多くいますが、大学への編入を行なうことで将来への展望を開くことができます。大学では専門学校に比べてより高度な内容を学習できるため、建築業界の現場で働く際にその知識が大いに役立つことでしょう。

また二級建築士の場合は大学を卒業していれば、実務経験なしで受験可能。知識の取得はもちろん、資格の取得でも有利となるわけです。

専門学校から大学編入までの道のり

私立の工学系大学や理科大学では、編入生受け入れを多く行っているので、自分に合った大学を事前に選んでおくと良いでしょう。具体的な大学編入の流れは以下の通りです。

1.専門学校での過程を修了させる

専門学校で所定の課程をしっかりと修了する必要があります。

2.大学編入試験に合格する

大学編入をするためには、各大学が実施する編入試験に合格する必要があります。試験内容は机上の試験のほかに面接試験が行われることも多いので、しっかりと対策をしておきたいところです。編入試験に合格すると、その大学の3年生からの編入生として受け入れられることが一般的。現役でその大学に入り、留年せずに進学したケースの人たちと同年代ということになります。

専門学校から大学編入をするメリット

専門学校から大学への編入するメリットについて紹介します。

センター試験・大学入試がない

試験がない専門学校に入って大学に編入するため、浪人せずに志望校に入学ができます。さらに専門学校からの大学編入は、センター試験が受ける必要がありません。大学の一般入試・二次試験を受けることなく、編入試験だけで済みます。編入試験は学校にもよりますが、英語と専門論文の2科目や面接が試験となっているところがほとんどです。

2つの学校を出るよりも在学期間が短縮できる

編入の場合は、入学手続きが専門学校で行なう1回で済みます。また、専門学校からの大学編入は3年生から可能です。そのため、編入したとしても専門学校2年と大学2年の計4年間で卒業できます。

学費が抑えられる

入試やセンター試験のために予備校に通う必要がないので、大学入学のための試験対策費用をカット。また2年制の専門学校から4年制大学編入の場合、専門学校の学費2年分+大学の1年分の入学費用+2年目分の授業料となります。大学と比較すると専門学校の費用は安く設定されているところが多いので、結果的に大学4年間よりも費用を抑えることが可能です。卒業してから通い直すよりも、時間・学費両方の面で削減できます。

高度な研究や勉強をすることができる

専門学校で得た技術や知識に加え、大学でさらなる専門課程を修学することでより深い知識を得ることができます。専門学校で学んだ技術で建築士として働く進路だけでなく、建築学などの研究で得た知識を使った研究職などに就職できる可能性もあります。

建設業界のさまざまな資格取得を目指せる

2年間の専門課程を経て卒業すると、その期間を実務経験として数えることができます。そのため、大学在学中・卒業後に二級建築士の受験資格が取得できるのです。専門性の高い資格だけでなく、幅広い資格取得を目指すことができるでしょう。

専門士の称号と学士の学位が取得できる

専門学校では技術の習得をしたとして、修了後には専門士の称号を得ることができます。さらに大学編入を行なうと、専門分野の学科の単位を取得することで学士の学位を取得することが可能です。取得しておくと、就職や雇用形態・雇用条件などにおいて有利になります。

大学編入に有利な専門学校を見極めよう

専門学校によっては、大学編入に強いコネクションを持っているところもあります。編入実績のある具体的な大学名を公表しているところもあるので、編入先にこだわりがあるなら参考にすると良いでしょう。

編入学を推奨している学校では、試験対策の講習会を行ってくれるところもあります。将来的に大学編入するか迷っている人は、まずは講習会へ参加してみましょう。専門学校を出てから大学に編入するメリットはたくさんあるので、専門学校に進学して大学の卒業資格があることを知っておいてください。

大学編入が可能な建築専門学校をチェック!>>

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング