建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士になるには?夢を叶える基礎知識 » 建築系専門学校の選び方

建築系専門学校の選び方

このページでは、建築の専門学校へ行く前に知っておきたい学校の選び方をご紹介します。

建築の専門学校選びに役立つ豆知識まとめ

将来的に建築関係の仕事に就きたいという考えがあれば、専門学校に通うのがもっとも効率良く必要な専門知識を吸収できるといえるでしょう。とはいえ、専門学校は教える内容も将来的な就職のサポートなども学校ごとに異なります。専門学校を選ぶ際は、以下の項目をチェックしてください。

先輩の評価を見る

専門学校を選ぶ際は、進学した人の評価が高いところを探してみるのが有効な手段といえます。先輩の評価を見る際にチェックして欲しいポイントは、「建築の面白さを学べる」「実技を身につけられる」「目標に適したカリキュラムを組んでもらえる」「時間の調整がやりやすい」などです。

サポート内容をチェックする

就職率、学費免除サポート、将来の就職先の割合、カリキュラムの特徴などのサポート内容をチェックするのは、専門学校を選ぶうえで大切です。これらは将来性を見越して進路を決めるときに必要な情報になるので、たとえ費用が高額であっても通う価値がある学校であれば、自分にとって大きなメリットとなるはずです。

入学後に取れる資格を把握しておく

建築工学科、建築デザイン科、建築監督科などさまざまなコースに分かれている専門学校の場合、取得できる資格も異なってきます。入学後に取得できる資格を把握し、自分にとって必要なものなのかを確認しましょう。

1クラスあたりの人数を確認する

少人数制の専門学校であれば、きめ細やかなサポートを受けることができるのでおすすめです。

オープンキャンパスに行く

オープンキャンパスは専門学校を決めるうえで欠かせません。直接学校へ行くことで施設の充実度をチェックできるので、学校生活をイメージしやすくなります。また専門学校によっては、オープンキャンパスで体験授業を受けられるところも。体験授業を受けることで、実際に進学したときの雰囲気を味わうことができます。

その他パンフレットやインターネットでは知ることのできない通学時間など、仕入れられる情報がたくさん。まずはオープキャンパスには行くようにしましょう。

専門学校では建築分野の勉強が中心となります。なんとなく進学するのではなく、将来何になりたいのかという意識をしっかり固めてから進路を決めるようにしましょう。

オープンキャンパスのある建築専門学校をチェック!>>

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング