建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士になるには?夢を叶える基礎知識 » 建築士の就職先

建築士の就職先

建築士として働く場所は複数あり、自分に合った場所を選ぶのがベストでしょう。ここでは、実際に建築士としてどこで働けるのかを紹介します。

建築設計事務所

建築設計事務所には、建築士が在籍していなければなりません。基本的に建築士が開くものです。経験を積むこともできますし、独立したらどのようにして働くべきなのかを間近で知ることもできます。建設の仕事も多々ありますが、設計の経験をと考えているのであれば、建築設計事務所は自分自身の将来プランと合致する貴重な職場です。

建設会社

建設会社は比較的ポピュラーな職場です。一方で、建設会社に就職した場合、初めから建築士資格を活かせるかは分かりません。当初は「経験のため」と、下っ端として働くのは当然ですが、時には建設や設計とはそこまで関係していない業務を担当する可能性もあります。

建設業界のことを知れる点においては有意義な職場ですが、建設会社も多々あるので、会社によっては自分自身のやりたいことと合致していない可能性もあるでしょう。どの職場が自分に合っているか、見極めることも大切です。

ハウスメーカー

建築士資格を取得しているとしても、建築士としての仕事だけを行うとは限りません。例えば当初は先輩営業マンと一緒について様々な場所を回ったり、あるいは事務や裏方として現場を支える側となったりなど、さまざまなことを経験できるでしょう。

ある程度経験を積んでから自分のできる仕事をこなせるようになる必要もありますし、ハウスメーカーでの働き方は様々です。また、全国展開している大手ともなれば転勤の可能性もあります。いろいろなエリアで働けると割り切れる人には良いのですが、転勤が嫌な人には少々厄介かもしれません。ただ、その土地や環境ごとのことを知るには、いい機会になるでしょう。

地方自治体

地方自治体では、公共物の建設を手掛けることもあります。民間の業者では携わる機会がない建築物に携われる可能性もあるので、良い経験ができるでしょう。ただし、あくまでも自治体として手掛けるものですので、遊び心が強いものは難しいかもしれません。センスを発揮するよりも、「無難」が求められる傾向にあります。

独立という方法もある

これまで紹介した職場は「就職」ですが、独立という選択肢もあります。独立すれば自分自身の好きなことを仕事にしやすいのがメリットです。反面、独立することで「経営者」としての腕も問われることになります。

特に、初めはまだまだお得意様も少ないのが懸念点です。なかなか仕事にありつけず、暇を持て余している時間の方が多くなってしまうケースもあります。それでも軌道に乗れば、自由な仕事がやりやすくなるでしょう。

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング