建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士になるには?夢を叶える基礎知識

建築士になるには?夢を叶える基礎知識

このページでは建築士になるために押さえておきたい基礎知識をまとめています。建築の勉強をしたことがなくても、建築士という職業が少しでも気になっている人は参考にしてみてください。

建築士になるには?

建築物をデザイン・設計する建築士は「専門的で難しそうな仕事」というイメージが強いようですが、実は「建築士になりたい!」という志さえあればなれる職業なんです。学力や年齢、性別関係なく誰でも目指すことができます。建築専門の学校に通って国家資格を取れば、その日からあなたも建築士です!

国家資格と聞くとハードルがかなり高いように感じますが、心配しなくても大丈夫。建築士になるための基礎知識をまとめているので参考にしてみてください。

数学が苦手でも建築士になれる

「建築設計=数学」というイメージが根付いていますが、実は中学校卒業レベルの数学力でも目指せる建築士の設計分野が存在します。「意匠」「構造」「設備」という3分野についてそれぞれ解説しているので、数学が苦手な人はチェックしてみてください。

ただ、数学が苦手でも建築士になれるとはいえ、最低限の計算能力はもちろん求められます。中には複雑な計算を必要とされる場合もありますが、建築設計は分業制なので、計算が得意な人に外注して仕事を進めることも可能です。大切なことは建築士になりたい、建築に携わる仕事がしたいと思う気持ちです。

先入観で数学が苦手だから無理だと思っていても、専門学校や現場で経験を積んでいけば自然と能力は身についていくので心配はいりません。

数学が苦手な人でも目指せる建築士の設計分野とは?>>

建築学科の入試に数学がない専門学校は狙い目

一般学科の学力に自信がない人は必見!専門学校の建築学科は、数学をはじめとする入試を設けていないところが多い傾向があります。

専門学校の建築学科入試試験は必要書類の提出、面接、小論文のみとなっている場合がほとんどです。建築の道に進みたいけど、入学するための学力が心配という人にとっても受験しやすい内容となっています。

大学建築学科の推薦入学は、高校時代の成績が良くないともらえないことがほとんどです。専門学校と比べると条件が厳しくなっています。ですが、専門学校の推薦入学の場合、大学の推薦条件に満たなくても推薦をもらえる場合があるのがポイントです。

ここでは専門学校建築学科の入試・推薦に関する情報を詳しくまとめているので、進学先の下調べを早めにしておきたい人はチェックしてみてください。

入試をパスできる?専門学校建築学科について>>

大学と専門学校の違い

「4年制大学の建築学科」と「専門学校の建築学科」では、取得しやすい資格や身につくスキルなどの強みが異なります。

専門学校の場合、学校にもよりますが在学期間は2年か3年というところがほとんどです。そのため大学と比べると、二級建築士の試験を一早く受験することができ、早い段階で実務経験を積めます。

一方、大学の場合は4年制となるため、建築についてはもちろん一般教養など幅広い教養を身につけられるのがメリットです。一級建築士の合格率が高いともいわれています。建築士といっても色々なジャンルがあり、目指す方向によって学ぶ教科も変わってくるのもポイントです。まずは自分がなりたい建築士のイメージを持ってから進路を選ぶと良いでしょう。

建築士を目指すうえでどちらを選べば良いのか分からず迷っている人は多いはず。それぞれの強みを紹介しているので、違いを知りたい人はご参考ください。

4年制大学建築学科と専門学校建築学科の違いは?>>

建築士の仕事が向いている人の特徴

建築士が向いている人と聞いてパッと思い浮かぶのは、創造力の高さや手先の器用さ、頭の良さを持つ人ではないでしょうか?しかし、「本当に建築士に向いている人」の特徴は、スキルやセンスとは別のところにあります。

建築士は建物をデザイン、設計する職業ですが建物と建築士だけの関係では成り立たない仕事です。営業担当、現場スタッフなど多くの人と関わりながら仕事を進めていきます。何よりも、依頼主、お客の要望があってこそできる仕事です。

卓越したスキルや知識はもちろん大切な要素ですが、仕事をしていく上ではそれ以外の人との関わり方が重要なポイントにもなってきます。逆に建築士に向いていないタイプも知ることで、自分が向いているか判断しやすくなるでしょう。

建築士に向いている人の特徴を3タイプご紹介しているので、当てはまるかどうか覗いてみてください。

建築士の仕事が向いているのはこんな人!>>

建築系専門学校の選び方

建築学に特化した専門学校へ進学したいと考えている人のために、専門学校の選び方に関する情報を詳しく解説しています。選び方のコツは全部で5つ、「先輩の評価」「サポート内容」「取得できる資格」「クラスの人数」「オープンキャンパス」です。

全国にも建築系の専門学校は数多くあり、ホームページやパンフレットを見るとどれも良さそうですが、実際の教育体制や資格取得の体制に違いがあります。講師も学校によっても違うため教わる内容にも差が出てくるでしょう。

卒業後の就職先も重要となります。専門学校は企業との繋がりもあることから、きちんとした企業と繋がっている専門学校を選ぶことも大切です。時間とお金をかけて通う専門学校なので、後悔しないように選びましょう。

建築系専門学校を選ぶ前に知っておきたい豆知識>>

社会人は夜間を上手く利用しよう

日中は働いている社会人でも建築士を目指すことは可能です。働きながら国家資格取得の勉強に励むには、専門学校の夜間クラスがおすすめです。

昼間に働いている方が多く、社会人経験を積んだ人がいる分、昼間の学校と比べると年齢層は高くなる傾向があります。昼間に建築関係の職場でアルバイトをすることで、より実践的な仕事を経験しながら学ぶことも可能です。

ですが、科目指定を受けた学校を卒業した後に就いた仕事でないと、実務経験としてみなされません。受験資格を取得するための実務経験には加算されないということを念頭に置いておきましょう。

夜間クラスの受講内容や取得できる資格の詳細が気になる人はご一読ください。

社会人必見!建築系専門学校の夜間クラスについて>>

大学編入でより知識を深めよう

2年間の専門学校のカリキュラムを終えて卒業すると、その期間を実務経験として換算することが可能になります。大学卒業後に実務経験なしで二級建築士の試験を受験できるので、資格取得の面でも有利です。

また、専門学校からの大学編入はセンター試験や大学入試を受ける必要がなく、編入試験のみで済みます。専門学校によっては大学との繋がりによって編入しやすい学校もあるのがメリットです。大学への編入を考えている場合は、参考にしてみると良いでしょう。

一級建築士の資格取得を目指しているなら、専門学校修了後に大学編入するという手があります。大学編入の魅力は、いちから大学を受験するよりも在学期間や学費を短縮できること。専門学校と大学の良いところを全部押さえたいと考えている人は、チェックしてみてください。

専門学校と大学のイイとこ取り!大学編入のメリット>>

建築士になるために必要なこと

建築士になるためには建築士資格が必要で、まずは二級建築士の取得をしなければなりません。指定の学校で単位を取得しなければ二級建築士の試験は受けられないため、学校生活の中でしっかりと建築に関した勉強をしておくことが必要となります。建築士は知識を得るだけで務まる仕事ではなく、アイディアを生み出す感性や創造力、お客様への対応力なども求められるでしょう。

まずは何をするべきなのかを知ったうえで、プランを組み立てていけば、建築士への道はより進みやすくなるはずです。これから建築士として活躍したい人は、まずは自分自身が建築士に向いているのかを含めて、確認してみるとよいでしょう。建築関係の学校では何を学ぶのか、必要となる能力は何かなど、様々な角度から解説します。

建築士になるためには>>

建築士の就職先について

建築士の資格を取得したら、建築士として活躍したいと思うでしょう。しかし、どこに就職するのかによって求められるスキルや業務が異なります。建築士がどのような職場に就けるのかを解説しているので、これから建築士になりたい人は、「どんな建築士になりたいのか」を含めてチェックしてみると良いでしょう。建築士の仕事の幅が広いことが分かります。

建築士の就職先としては主に建築設計事務所、建設会社、ハウスメーカーなどが挙げられます。それぞれ働く内容は異なり、職場にもよりますが、初めのうちは必ずしも建築の仕事をこなせるとは限りません。時には雑用や事務的な仕事をしたり、営業マンと一緒に外回りをすることもあります。

就職後、具体的にどのような仕事内容をこなしていくのかをしっかりと確認するようにしましょう。就職先で多くの経験を積めば、自分で独立して事務所を開業することも可能です。自分の将来のビジョンと合致した就職先を選ぶようにしましょう。

建築士の就職先について>>

建築業界に入るための志望動機

建設業界の門を叩くための志望動機は、人によってさまざま。簡単なようで、難しいと感じる人もいます。志望動機も自己アピールの一つです。自分の個性を出したいとの思いがある一方、選ぶのは相手なのでどのように伝えるかという工夫は必要です。自分にとっては良い内容でも、相手はマイナスとして捉えることもあります。どのような志望動機が良いのか、面接時に気を付けるべき点、履歴書の作成方法等についてまとめました。

どれだけ自分自身に熱意があっても、伝える相手が納得できる理由でなければいけません。しかし、納得してもらうためにはいくつか気を付けるべき点があります。建設業界の門を叩くためには学校での勉強も大切ですが、志望動機のようにこれらの部分もまた大切になるので覚えておきましょう。

建築士といっても様々な仕事があり、志望する業態によっても志望動機は異なります。どこにでも通用するようなありきたりな文面で作成するよりかは、より業種に特異的な内容の方が望ましいでしょう。

建築士という仕事は、一度資格を取得したらそれで終わりというわけではありません。仕事の中でも多くの学びがあり、日々成長していく必要があります。そのような向上心をアピールすることも大切です。

建築業界に入るための志望動機>>

専門学校が決まったら引越しも考えよう

専門学校への入学が決まったら次は新生活の用意ですが、引越しが必要な方もいるのではないでしょうか。親元を離れて新生活をする学生にとって、引越しはとても大切なものです。引越しの経験がない方もいるかもしれません。そこで、引越しの流れや期間別に大切なことなどをまとめてみました。後で慌てないためにも、必要なことは何か知っておきましょう。

専門学校に入学する4月は社会全体が新年度となり、新しい環境に変わる時期です。そのため4月の新生活に向けて引越しをする人は大勢います。年度末は引越し業者にとって最も忙しい時期となるため、引越しをしようと思っても予約が取れないという事態も少なくありません。

入学を直前に慌てて引越し業者を探しても、すぐに見つからない場合もあります。専門学校への入学が決まったら、早期に引越しの準備を進めていくことが大切です。

引っ越しの準備について>>

建築士会について

建築士として働いている人の多くが、「建築士会」という会に参加しています。建築士会は「日本建築士連合会」の略で、建築士がお互いに交流を深めたり、スキルを高めるためのネットワークとして講習の開催や委員会運営をしたりなどさまざまな活動を行っているのが特徴です。他にどのようなことをしているのか、建築士会の特徴や行っている活動や実績について知っておくのも良いでしょう。

建築士会では、他者には伝わりにくい建築士の実績や研鑽を示す証明書の発行、仕事をしていく中で生じるリスクに備えた保証制度、社会貢献を目指した活動など、建築士として働いていく上で必要なサポートを受けられるのがメリットです。

建築士会について>>

建築士の年収について

建築士は勉強をして試験に合格し、資格を取得した人だけが就くことのできる専門性の高い仕事です。建築士の年収は就職先や個人の能力によって差はあるものの、一般的なサラリーマンの平均よりも高い水準となっています。

中には独立開業をして、高収入を得ている建築士もいます。ですが、二級建築士や木造建築士は一級建築士と比べてそれほど高い収入は期待できないかもしれません。働く職場の規模によっても差はあります。建築士として働いていくには、資格の種類や職場による年収の違いなどを把握しておくことが大切です。

建築士の年収について>>

建築士の仕事とスケジュールについて

建築家の仕事は側から見ると華やかな印象ですが、お客さんとの打ち合わせに始まり、プレゼンや現場監督、図面作成、役所への手続きなど、タイトなスケジュールで行動しています。外での仕事も多く、打ち合わせ時間も日によってバラバラ。休日に打ち合わせが入ることもあります。特に締め切り間近になると、残業時間も長くなるハードな仕事です。

そうはいっても、建築家はなるべくしてなった人がほとんど。休日にも建築に関わっている場合が多く、建物や展覧会を見に出かける人もいます。

非常にクリエイティブで活動的な建築家の仕事ですが、一般的にどのようなスケジュールで動いているのか。建築家の1日のスケジュルや仕事内容、勤務時間・休日などについて解説します。

建築士の仕事とスケジュールについて>>

建築学科でやるべきことと基本的な授業について

建築家にとって道具はとても重要です。授業で使うノートから、パソコン、ハードディスク、筆記用具、道具を入れるカバンまで、学生生活の必需品となる道具と選び方を知っておきましょう。

また、学校にもよりますが通常3年生からスタートする建築ソフトの勉強も、早めにスタートすることが肝心です。建築学科の学生が使う建築ソフトの種類は非常に多いため、1年生から勉強を始めるのがおすすめ。建築関連の本を読んだり、多くの建築物に触れたりすることも、建築を深く理解する上で大切なことです。

建築学科の授業は学内で学ぶものと学外で行うものがありますが、ここでは学内で行われる基本的な授業についてまとめました。建築学科の授業の種類、何を学ぶかなどについてご紹介します。

建築学科でやるべきことと基本的な授業について>>

建築士になるための基礎知識を確認したら

建築士になる方法を知った後は、国家資格取得や実践的なスキルを身に着けるために進学先を吟味していきましょう。建築系専門学校の選び方をもとにピックアップした建築専門学校5校を紹介しているので、あなたの夢を叶える専門学校を見つけてくださいね。

建築士を目指すなら!
厳選!建築専門学校TOP5をチェック>>

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

 

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング