建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士、インテリア系資格取得ガイド【保存版】 » 宅地建物取引士になるには?

宅地建物取引士になるには?

資格取得や実際の仕事内容、宅地建物取引士になるにはどうすればいいのかを調べてまとめました。宅建士を目指している人は参考にしてください。

宅地建物取引士の資格試験概要

宅地建物取引士になるためには、国家試験である宅建試験に合格しなければなりません。近年の宅建試験の合格率は以下の通りです。

年度 合格者数 合格率
2013年 28,470人 15.3%
2014年 33,670人 17.5%
2015年 30,028人 15.4%
2016年 30,589人 15.4%
2017年 32,644人 15.6%

合格率は15~17%台と、試験の難易度がうかがえます。

宅建試験の受験資格

宅建試験に受験資格はありません。つまり、性別の区別なく、年齢も関係がない、門戸の広い試験と言えます。

2017年の宅建試験では最高齢が89歳、最年少では13歳の合格者が出ました。制限や区別なく受験ができるため、国家試験の中でも特に人気で知名度の高い試験の1つです。

宅地建物取引士になる前に注意しておきたいこと

宅建試験の受験自体に年齢制限はありませんが、宅地建物取引士として活躍するために必要なのが宅地建物取引士証の交付です。

宅建試験に合格したあとに、都道府県知事が作成した宅地建物取引士資格登録簿に登録をしなければなりません。その後、都道府県知事に宅地建物取引士証の交付を申請し、交付されてそこで初めて宅地建物取引士となれます。

ややまわりくどくはなりますが、宅建士の資格は一度取得すると一生有効なので、難しい試験でも人気が出るのも納得の資格です。

宅建士になるとどうなる?

宅建士になるとどういった仕事内容や職場があるのかを紹介します。

宅建士の仕事内容

宅建士になると不動産の売買などの取り引きをする際に必ず必要となる、重要事項説明書への記名と押印、そしてその取引内容の説明ができるようになります。不動産の取り引き時には必ず行なわなければならず、宅建士の資格を持っている人だけができる仕事の内容です。

宅建士の活躍の場

宅建士として活躍できる職場はとても多くなってきています。不動産の取り引きを行なう不動産会社を筆頭に、不動産を担保にする都市銀行などの金融機関など。

さらに、建築会社では、自社で建てた物件を販売する際に宅建士の資格取得者がいなければなりません。つまり、宅建の資格を持っているだけで活躍できる可能性がグンと広がります。

宅建士の資格には受験資格はありませんが、建築士になるには実務経験や学校で課程を修了していることが必須です。

今後、建築業界での就職を考えている人は建築系の学校を志望の視野に入れておくことで、いち早く建築士として活躍できる場が広がるでしょう。

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とパイプが太く就職に強い

何をできるかチェック!
公式サイトへ

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

何をできるかチェック!
公式サイトへ

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

何をできるかチェック!
公式サイトへ

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング