建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士、インテリア系資格取得ガイド【保存版】 » 二級建築士になるには

二級建築士になるには

資格取得や実業務に関する情報など二級建築士になるにはどうすればよいかを説明します。

二級建築士になるための試験概要と実務要件

二級建築士の受験資格や要件を見ていきましょう。

二級建築士試験の概要

二級建築士の資格試験を受けるためには、以下の4つの受験資格のいずれかをクリアする必要があります。

試験は年に1回実施され、概要は以下の通りです。

試験に合格した後は免許申請を行う必要があり、以下がその概要です。

二級建築士の受験資格

二級建築士受験には受験資格を満たしていることが必要です。受験資格要件には実務や学歴など様々な条件があります。二級建築士を受験するためにはどういった条件があるのか見てみましょう。

学歴要件の変更

受験資格に必要な学歴要件・実務経験の要件は、平成20年11月28日に施行の建築士法の改正に伴って変更されています。従来の学歴要件では「所定の課程を修めて卒業」という要件でした。

法の改定により、平成21年度以降の入学者からは「国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業」という要件が受験資格として適用になったのです。しかし、平成20年度以前の入学者においては、従来の「所定の課程を修めて卒業」が適用されるため、入学年度で必要な学歴要件が異なることを知っておきましょう。

平成20年度以前に入学した者
平成21年度以降に入学した者

実務要件の変更

平成20年に施行の建築士法の改正に伴い、実務要件での受験資格も変更されました。平成20年度以前の入学者と、平成21年の入学者における実務要件の変化についてもみてみましょう。

従来の実務要件では、「建築に関する実務」として、建設業や建築、造園や設備系などの工事、土木工事など全体的な建物に関する実務のほとんどが対象とされていました。

しかし、平成20年の改定以降では、「設計・工事管理に必要な知識・能力を得られる実務」と変更。建築一式・設備の設置など施工管理・大工が主な実務要件として設定されました。

板金や屋根工事の施工管理などの業務は、改定後は実務経験としてカウントされません。ただし、その際の設計管理をする立場での実務については経験として数えることが可能です。改定前と改定後の変化を簡単に紹介します。

平成20年度以前に入学した者

平成21年度以降に入学した者

二級建築士試験の内容

二級建築士の試験は以下の内容に分かれています。

学科試験

各25問の五枝択一式の出題形式で行われます。
建築計画・建築法規で計3時間、建築構造と建築施工で計3時間の試験時間が設けられています。

設計製図試験

設計製図は1課題の出題で5時間の試験時間が設けられています。あらかじめ公表される課題の設計図書を作成する試験です。

学科試験の合格者のみ、設計製図試験の受験資格を得ることができます。

二級建築士の仕事内容・年収

二級建築士と一級建築士の違いや、仕事内容、年収について調べてみました。

二級建築士と一級建築士の違い

気になる二級建築士と一級建築士の違いを見ていきましょう。

建てられる建物の違い

二級建築士が設計・工事監理できる建物は延べ面積500m2以下という制限があります。しかし、一級建築士には制限はありません。

また、資格を登録する機関も違います。二級建築士は各都道府県知事が免許を交付するのに対し、一級建築士は国土交通大臣が交付します。与えられている権限が違うため、設計・工事監理できる建物の規模も違っているのですね。

就職先の違い

二級建築士の主な就職先は設計事務所、工務店、建設会社、国・地方自治体と一級建築士と大きくは変わりませんが、実際に担当できるのは延べ面積の関係から住宅などがメインになるでしょう。

より大規模で自由な設計がしたいと考える人が多いことから、二級建築士は一級建築士取得のステップとする人が少なくありません。

資格合格率の違い(平成28年度)

二級建築士の合格率 一級建築士の合格率
学科試験:42.3%
製図試験:53.1%
学科試験:16.1%
製図試験:42.4%

学科試験の合格率に大きな開きが見られますね。一級建築士へのステップアップを考えるのであれば、学科を落とさないようにすることが大事なようです。

二級建築士ができること

二級建築士の仕事内容について見ていきましょう。

どんな建物が建てられるの?

戸建住宅程度の規模の建物を建てることができます。決められた制限内であれば、木造・鉄筋コンクリート造、鉄骨造の設計が可能です。つまり、家を建てるのが主な仕事といえるでしょう。人々の生活に寄り添った建築ができるのが、二級建築士です。

建築工程のどこで活躍できるの?

二級建築士が1つの建物を建てる過程で関わるのは、設計・工事監理・建築主への重要事項の説明・契約事務・現場の指導監督・建物の調査や鑑定・法令手続きの代理、などです。

設計や現場監督だけでなく、各種手続きや説明といった事務的な知識も必要。建物の調査では老朽具合や耐用年数、耐震性などを調査して、建物の価値を鑑定することもあります。

二級建築士の給与はどれくらい?

どこに勤めるかによって大きく変わってきます。だいたいの相場は、大手であれば500万円前後、中小であれば400万円から500万円の間ぐらいが一般的。経験を積んで独立し、上手くいけばもっと稼ぐことも可能でしょう。

二級建築士を目指すなら

一級建築士と違って、二級建築士試験は7年以上の実務経験があれば受験資格をクリアできますが、年数の長さや独学での勉強を考えるとあまり効率的ではありません。

逆に、建築専門の学校に行けば在学中の取得も可能になりますし、しっかりとした知識と技術も比較的短期間で身につけることができます。

資格取得のために7年費やすのと、資格を取得してから7年の経験を積むのとでは、得られるものが大きく変わってくるはずです。二級建築士を目指すなら、専門学校への進学をおすすめします。

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング