建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士、インテリア系資格取得ガイド【保存版】 » 一級建築士になるには

一級建築士になるには

資格取得や実業務に関する情報など、一級建築士になるにはどうすればよいかを調べてまとめました。

一級建築士になるための試験概要と実務要件

一級建築士の資格試験を受けるためには、建築士法に基づいた受験資格のクリアが必須です。平成20年11月28日に改正した建築士法のうち受験資格が改定された新要件と、改定前である旧要件の両方を紹介します。

受験資格の改定

平成20年11月28日から改正建築士法により、受験資格が改定されました。改定された受験資格は平成21年以降の入学者から適用されています。

平成21年以降の入学者

※この最終学歴以外に取得単位数によって必要な実務経験が異なり、単位数に応じて卒業後から2~4年以上で受験資格が得られます

改定前の建築士法では建築実務経験は平成20年以前の従来の基準で判定され、平成20年11月28日以降の経験期間と合算することが可能です。

平成20年以前の入学者

設計・工事管理に必要な知識・能力を得られる実務

一級建築士試験を受けるためには学歴だけでなく、実務経験要件も必要とされます。では、必要な実務経験要件とは具体的に何を指すのでしょうか。一級建築士試験の受験資格に該当する実務経験要件の内容例を紹介します。

引用元サイトURL:公益財団法人 建築技術教育普及センター
(http://www.jaeic.or.jp/shiken/1k/1k-yoryo-jitsumu.html)

受験資格と実務経験

一級建築士の受験資格では大学の建築学科や土木学科、高等専門学校での専門課程の修了が欠かせません。その最終卒業学校によって、受験資格に必要な実務要件の経験年数が異なります。

しかし、専門学校・大学等を卒業していない場合でも、建設設備士の資格を取得して4年の実務経験があれば、一級建築士の受験資格が取得できます。

近年では建設設備に関する技術の必要性が高まっていることから、建設設備士の資格取得の門戸は広くなり、以前と比べると格段に資格を取得しやすくなりました。

そのため、建築に関する学歴がなくても9年以上の実務経験をつんで、建設設備士受験に合格してから4年の実務経験をつめば、最短では13年程度で一級建築士の試験を受けることが可能です。

一級建築士試験の概要

1年に1度実施される試験の概要は以下の通りです。

申し込み 4・5月
学科試験 7月:計画、環境・設備、法規、構造、施工の5科目
製図試験 10月
合格発表 12月
合格率 学科25.2%、製図33.5%、全体10.5%(2004年実績)

試験に合格した後は免許申請を行う必要があり、以下がその概要です。

申請用紙 都道府県建築士会で配布
申請窓口 住所地の建築士会または都道府県建築士主務課
登録免許税 6万円
免許証交付時期 申請後1ヶ月~2ヶ月程度

必ず免許の登録をする

一級建築士の試験に合格しても、すぐ建築物の設計工事管理を行うことはできません。資格取得後は、国土交通大臣の免許を受け取る必要があります。

免許を受け取って一級建築士名簿に登録を行なわなければ、一級建築士としては認められません。

登録を行なわずに一級建築士の名称を用いることや、一級建築士として工事管理を行なう・一級建築士事務所の管理建築士になると、1年以下の懲役か30万円以下の罰金に処される恐れがあります。

未成年者や取消処分期間などの間は免許を受けることができないため、その場合は、該当する期間の経過を待って免許取得や登録をするようにしましょう。

一級建築士の仕事内容・年収

一級建築士の仕事内容や年収について調べました。一級建築士になるには知識と技術の両方を身につける必要があり、専門学校での修学と実務経験が欠かせません。

一級建築士ができること

一級建築士は二級建築士と違い、設計・工事監理する建物の制限がありません。具体的には高さが13メートルを超える、もしくは軒の高さが9メートルを超えるものが一級建築士のみ設計や工事監理を行なえる範囲になってきます。

一級建築士の役割

主な就職先としては設計事務所、工務店、ハウスメーカー、建設会社、国・地方自治体など様々な方面で活躍が可能です。建築基準法で定められた法を遵守しながら、安全性や機能性を考えた建築物の設計を行ないます。

また、それだけでなく、建物の工事が設計書通りに実施されているかのチェックが欠かせません。この場合には、設計した者と別の建築士が工事監理を行なうケースもあります。

一級建築士の気になる年収

収入は厚生労働省【平成24年賃金構造基本統計調査】によると平均給与が44万円強、賞与などが83万円強で年収は合計600万円以上です。

二級建築士と比較すると年間で150万円~200万円ほどの差があります。

一級建築士を目指すなら

一級建築士になるには、受験前の実務経験や合格後の仕事のことを考えると、就職に強い学校のサポートも重要です。建築専門の学校選びは、一級建築士としての将来に大きく影響します。

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング