HOME » 建築士になるにはガイド【保存版】

建築士になるにはガイド【保存版】

このカテゴリーでは一級建築士二級建築士になるにはどうすればよいかと、業務内容や年収などを紹介しています。

将来を見据えた建築士になるには社会のニーズも知っておく

将来を見据えた建築士になるには社会のニーズも知っておく建築関連の資格の頂点ともいえる一級建築士。そして、その前段階として取得されることの多い二級建築士資格。建築のプロを目指すならぜひとも取得したい資格であり、まだまだ将来は有望といえる職種でもあるのです。

日本は人口減少傾向にあり、住宅需要が減るようなイメージがあります。一方で高度経済成長期の多くの建造物が耐久年数を迎えていて、建替・補修などの需要が高まっているのも事実。さらに、2020年の東京オリンピックが決まったことで、建設業界が活性化されるのは間違いないでしょう。

また、高齢化社会に向かう中でのユニバーサルデザイン化や、省エネルギーを意識したエコハウスなど新たなビジネスチャンスも生まれています。こうしたニーズに応えられる人材になるためには、より専門性の高いスキルを持った建築士を目指すことが大切です。