建築業界で活躍するための専門学校ガイド

MENU
建築の専門学校パーフェクトガイド【関東版】 » 建築士、インテリア系資格取得ガイド【保存版】

建築専門学校で目指したい資格取得ガイド【保存版】

ここでは建築専門学校へ行くことで目指せる資格について説明しています。その資格はどういう資格で、取得するためにはどうしたらよいか、また実際の仕事の内容などについて解説。建築系の資格と、インテリア系の資格の大きく2つにわけて紹介しています。

建築専門学校で資格取得を目指したい!
建築系資格取得一覧

二級建築士

建造物の設計や工事監理には、建築士の資格が欠かせません。基本的に建築士の資格を取得するには学歴要件(指定された科目を修めて学校を卒業する)・実務要件(実務経験期間)をクリアしている必要があります。

国家資格の中でも「難易度が高い」と言われている二級建築士の仕事内容や、二級建築士になるための方法について調査しました。建築業界で活躍することを目指している人は要チェックです。

二級建築士になるには>>

一級建築士

2年以上の実務経験が必要であり、建築系の資格の中でも最難関レベルです。建築士の頂点とも言える一級建築士の資格取得は、簡単な道のりではありません。二級建築士と違って建物の設計や工事監理に制限がないため、大掛かりな仕事が舞い込んでくることも。

しかし、その分やりがいがあり給料面での待遇も良く、一級建築士は憧れの職業の1つです。二級建築士の資格を持っていなくても一級建築士の受験は可能。では、一級建築士についてなるにはどういった条件があるのか説明します。

一級建築士になるには>>

宅地建物取引士

受験資格を必要としない資格のため人気を博している国家資格の1つが宅地建物取引士です。性別や年齢に関係なく受験ができるので、最年少では13歳の合格者もいるほど。しかし、その試験内容は一筋縄ではいきません。活躍できる宅建士になるための方法を紹介します。

宅地建物取引士になるには>>

建築CAD、CADオペレーターとは

CADオペレーターとは、パソコンで設計・製図をするソフトウェア、CADソフトを用いて図面を作成する人のことです。最近では、建築関係をはじめ、機械から家電製品、洋服のデザインなどあらゆる分野でCADオペレーターが求められています。知名度の高い民間資格(建築CAD検定試験やCAD利用技術者)を取得することで、実践的な技術を持っていると認められ、就職等が有利になります。

建築専門学校で学べるCADオペレーターの仕事と資格ついて詳しく見る>>

建築施工管理技士とは

施工管理は、土木・建設・建築・電気工事などの現場で、職人や職工の作業工程の進捗を管理し、安全かつ規則が守られているのかをチェックすることです。建築専門学校でこの資格取得を目指す方も多いようです。現在は団塊世代の社員が退職を迎えており、施工管理職の人手不足が深刻になっています。特に20代後半~30代前半の若手技術者が不足気味です。ここでは、建築施工管理技士の業務内容や資格概要について説明しています。

建築施工管理技士についての仕事や資格ついて詳しく見る>>

商業施設士とは

商業施設士は、商業施設の運営管理システムや店舗の構成・デザインなどの計画・監理を行なう街づくりの専門家です。近年の個々のライフスタイルの変化・個性化や、高齢化によるバリアフリー化など、幅広い層の方々が利用しやすい商業施設が求められています。そのため、施設の改良・改善を請け負う商業施設士の需要が高まっています。ここでは、商業施設士の業務内容や資格概要について説明しています。

商業施設士についての仕事や資格について詳しく見る>>

コンクリート技師とは

ひとことでコンクリートといっても美しい見た目の外観をつくるものだったり、強度に特性があったり、音を抑えるものや緑化をすすめる環境づくりに役立つコンクリートなど様々な種類があります。そのコンクリートの製造や建築物の施工、検査・管理などの業務に携わるのがコンクリート技士です。現在はコンクリートの用途も多様化し、設計士や製図家、デザイナーと連携して仕事をすすめることも多いようです。そのため、最近はコンクリート専門のプロフェッショナルとしてあらゆる業界から注目されています。ここでは、コンクリート技師の業務内容や資格概要、様々なコンクリートの種類について説明しています。

建築専門学校でも学べるコンクリート技師の資格やその仕事について詳しく見る>>

建築専門学校で資格取得を目指したい!
コーディネーター系資格取得一覧

インテリアコーディネーター

パソコンを使用した製図の建築CADやインテリア設計、デザイン制作など幅広い知識が必要になるインテリアコーディネーター。空間を彩る役目を持つ華やかな職業ですが、資格取得までにどのようなプロセスが必要になるのでしょうか。建築物だけでなく、内装や空間まで学んでいきたい人はぜひ参考にしてください。

インテリアコーディネーターになるには>>

福祉住環境コーディネーター

福祉や介護、建築、行政などの知識が必要とされるのが福祉住環境コーディネーターです。試験は1~3級まであり、取得した級によって業務の幅が広がります。複数の職種の要素が必要になる特殊な資格は、取得後にはどのように活かせるのでしょうか。福祉住環境コーディネーターになるために必要なことをまとめています。

福祉住環境コーディネーターになるには>>

就職率100%&学費で選ぶ
建築専門学校ランキング

2位

読売理工医療福祉専門学校
東京都港区(田町駅・三田駅)

就職率100% 1年あたりの学費108万円
日本テレビグループの専門学校
楽しいキャンパスライフ

読売理工医療福祉専門学校
公式サイトをチェック!

1位

浅野工学専門学校
神奈川県横浜市(新子安駅)

就職率100% 1年あたりの学費103万7,305円
建築系専門学校のパイオニア
業界とのパイプも太く即戦力に

浅野工学専門学校
公式サイトをチェック!

3位

青山製図専門学校
東京都渋谷区(渋谷駅)

就職率100% 1年あたりの学費111万600円
インテリアコーディネーターや
プランナーを目指す学部あり

青山製図専門学校
公式サイトをチェック!

 

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング

志望校として検討してほしい建築専門学校BEST5ランキング